現在位置:
  1. asahi.com
  2. ライフ
  3. 教育
  4. 小中学校
  5. 天才の育て方
  6. 記事

宇宙飛行士・若田光一のお母さん タカヨさん:1

我慢教えた「給料日のやりとり」

2009年6月9日

写真3カ月の宇宙長期滞在に出発する若田光一さん=09年3月15日、米ケネディ宇宙センター、飯塚悟撮影

 光一(45)は63年、当時の埼玉県大宮市で生まれました。弟の瑞穂(みずほ)(43)がいて、2人兄弟で育ちました。

 九州大学に入って家を離れましたが、浦和高校まではずっと親のもとにいて、手のかからない子でしたね。私はいま76歳ですが、光一が20歳になるまではしっかり育てなければと思っていました。

   *

 裕福な家ではありませんでした。光一は小学校のときに、「貧衆(びんしゅう)」ということばを発明したくらいでした。いまでもときどき思い出すのは給料日の光景です。

 98年に63歳で亡くなった父親の暢茂(のぶたか)は当時の建設省に勤める公務員でした。朝早く職場に行き、仕事や飲み会などで帰ってくるのは夜遅く。でも、給料日にはきちっと早く帰ってくるんです。

 その日は、父親が「ただいま」と玄関に帰ってくると、兄弟ふたりが食卓に飛んで来ます。おかずが1品多いことを知っているんですよ。1品と言っても、ハムエッグとか、オムレツとか、たいしたものではないんです。ご飯が混ぜご飯になったり、そんなものでしたけど。

 給料は多いときも少ないときもありました。少ないときは父親が「お母さん、今月はこれでなんとかやり繰りしてくれ」と。私は給料袋を押しいただいて、「ありがとうございます」と、汗水たらして働いたお父さんに感謝します。

 もちろん、多いときもあります。

 「お母さん、今月はちょっと余裕があるから、自分の服でも買ってくれ」

 「私の洋服はいいから、お父さん、あなたのコートでも買いなさいよ」

 「じゃ、ちょっと無理して、光一の自転車でも買ってやるか」

 光一は小学2年生まで、幼稚園のときに買った小さな自転車で我慢していたんです。あのとき、光一が跳び上がった姿は、いまでも目に浮かびます。

   *

 給料日のやりとりは、ひとつの教育だったと思います。お金のありがたみや、人に感謝する心、働く尊さ、思いやり、我慢を光一に教えたと思うんですよ。

 子どもは、日々の暮らしのなかから、いろんなことを学びます。まず、親がしっかり、きっちりと、まっとうに暮らす。それにつきると思います。

 (敬称略、聞き手・石川雅彦)

検索フォーム
キーワード:


朝日新聞購読のご案内

[PR]注目情報

ここから広告です

広告終わり

ジャンル別の最新情報はこちら
  • 大学
  • 中学・高校
  • 通信制高校