現在位置:asahi.com>教育>大学>紙上特別講義> 記事

紙上特別講義

ニセ科学:1(菊池教授)

2007年05月07日

言葉が結晶の形を決める? オカルトに近い話が学校に忍び込んでいます。

   *

 捏造だけをとりあげるのは「あるある」問題の矮小化です。

 科学のようで科学でない。こんな話が、世の中にあふれています。「笑ってすまされない状況になっている」と、大阪大学の菊池誠教授は言います。ニセ科学とは何か。この問いは、「科学の本質とは何か」を探ることでもあるようです。

 一見科学のようで実は科学でないものを、僕は「ニセ科学」と呼んでいます。「エセ科学」「疑似科学」などとも呼ばれますが、一般の人に「科学として受け入れられている」という点がポイントです。これがいま、看過できない状況になっています。

 例えば、健康にいいとしてブームになっているゲルマニウム。身につけたり温浴で使ったりするようですが、「セ氏32度以上で電子を放出し、それを皮膚などから取り込むことにより体によい効果がある」と説明されることが多いようです。ところがその「32度で電子を放出する」という出発点がそもそも間違っている。「電子を取り込む」というのもおかしな表現で、結局この説明は全部意味がない。こんなことを誰が考えるんでしょうね。

 一時期、大手メーカーが「マイナスイオンを出す」家電製品をこぞって売り出しました。エアコンや空気清浄機、パソコンに至るまで、いろんな商品が「マイナスイオン効果」をうたっていました。水を噴霧したり放電したりしてイオンを発生させるようです。

 しかし、様々なイオンを十把一絡げに「マイナスイオン」と称し、「マイナスだと体によく、プラスだと悪い」などと二分法で言い切るようではニセ科学としか言えません。実際、マイナスイオンを吸い込むと体にいいなんてことは、立証されていないのです。

   *

 ニセ科学は教育現場にも忍び込んでいます。

 水の結晶の写真を集めた「水からの伝言」という写真集があります。この写真集には、ビンに入れた水に「ありがとう」と書いた紙を「見せる」とその水は奇麗な結晶を作り、「死ね」などの言葉を見せるとそうはならない、と書かれています。もちろん、言葉が結晶の形を決めるはずはありません。ここまでくると、ニセ科学というよりオカルトに近い。本来であれば、笑い飛ばしておしまいにする程度の話のはずです。

 ところが、全国のいくつもの小学校でこれが道徳の教材として利用されました=キーワード(1)。水も言葉の善しあしに反応するのだから、いい言葉を使いましょう、というのです。非科学的なことが「事実」として教えられているのは大きな問題ですし、言葉のよしあしを水に教わろうだなんて、情けない話だと思いませんか。

   *

 最近、関西テレビの「発掘!あるある大辞典2」の問題=(2)が発覚しました。

 この問題は「データを捏造(ねつぞう)したからけしからん」と批判されていますが、捏造だけをことさらにとりあげるのは問題の矮小(わいしょう)化です。あの番組は、まだ実証されていない「思いつき程度のこと」を、さも科学的に確立した事実であるかのようにこれまで何度も伝えてきました。それは捏造と本質的に違わないと思います。そんな番組を「科学的だ」と信じていた人が大勢いたというのも笑えない問題です。

 なぜ、人はニセ科学にだまされるのか。次回、考えてみましょう。

   *

 きくち・まこと 大阪大学サイバーメディアセンター教授、48歳。専門は統計物理学、計算物理学。SF評論や書評なども手がける。「トンデモ本」を批判的に楽しむ団体「と学会」にも所属。ロシアの物理学者が発明した電子楽器「テルミン」を愛好し、ときおりライブも開く。

◆キーワード

 (1)菊池教授によると、少なくとも03年ごろには「水からの伝言」を道徳の教材として使う小学校があった。授業の方法などを研究する教師らのサークルを通じて全国に広まったとされ、菊池教授がインターネットで確認しただけでも、全国の多くの都道府県の小学校で授業実践の例があったという。

 (2)関西テレビから委嘱された社外有識者による調査委員会は、「納豆ダイエット」「有酸素運動の新理論」「2005ダイエット総決算SP」「衝撃!味噌(みそ)汁でヤセる?!」の4件で、海外の研究者が発言していない言葉を発言したかのように偽るなどの捏造があったと指摘。このほかデータの改ざんが4件、実験方法が不適切だったり研究者の確認をとらなかったりした不適切な表現が8件あったと結論づけた。

このページのトップに戻る