現在位置:
  1. asahi.com
  2. ライフ
  3. 教育
  4. 大学
  5. 紙上特別講義
  6. 記事

死生学:2(藤井准教授)

2009年2月7日

印刷

ソーシャルブックマーク このエントリをはてなブックマークに追加 このエントリをYahoo!ブックマークに登録 このエントリをdel.icio.usに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 このエントリをBuzzurlに登録

 大切なものは何か、ときに考えることで生き方は違ってきます。

    *

 いかに周囲に支えられてきたか、死の疑似体験で気づきます。

 ●おさらい

 生まれ、死ぬ場所が自宅から病院に移り、核家族化も進んだため、人は生と死を身近に感じにくくなりました。でも、死と向き合うことは大切です。死は生の一部。どう死ぬかを考えることは、どう生きるかを考えることなのです。

 人生において本当に大切なものはなにか。講義では、死を疑似体験することで考えてもらっています。

 形のある大切なもの。大切な活動。大切な人。形のない大切なもの。この4領域から三つずつ選んで、12枚の紙に書くことから始めます。

 このときに、多くの人がふだん何を大切にしていたのか考えていなかったことに気づきます。

 それから、21歳の学生ががんに冒され、亡くなっていく過程を疑似体験します。病の経過をつづった日記を私が読みあげるなかで、何をあきらめるのかを決めて、順番にその紙を破っていくのです。

 入院して検査が続くときに3枚、手術するときに3枚。たいていは、形あるものから消えます。さらに、自身の病気ががんであるとわかって3枚破る。

 そして、最期を悟ったときに2枚を破ります。

 本当に大切なものは何だったのか。何のために生きてきたのか。手放す過程でこうした問いを自らに突きつけ、その答えを求めて苦しむのです。これが、自分という存在の根底を揺るがす「スピリチュアル・ペイン」、つまりたましいの痛みなのです。

 残った1枚は、多くが「母」や「愛」です。それを持って目を閉じ、私の「さようなら」の言葉とともに破ります。

    *

 死の疑似体験によって学生は変わります。当たり前の生活がどれほど大切なものだったのか。いかに多くの人に支えられてきたか。死に直面して苦しんでいる人になんと安易な言葉をかけていたか。そうしたことに気づくからでしょう。

 講義後、死を前にして伝えたかったことを書いてもらいます。多くは、「ここまで育ててくれてありがとう」といった感謝、「天国から応援しているよ」といった残される人への思いやりです。

 死に直面した人の切実な痛みと向き合える本もあります。米国の精神科医キューブラー・ロス博士(04年没)の「死ぬ瞬間」=キーワード。200人以上の末期患者にインタビューした画期的な内容です。

 たましいの痛みに苦しむなかで、心の支えになるのは、自身を取り巻く「関係性」です。周りの人や自分の信じるものにどれだけ支えられているかということです。

 死を疑似体験した学生の感想にもそれが表れています。「たくさんのものや活動を手放しましたが、そばにいてくれる大切な人だけは失いたくありませんでした」「人間を超える何かがあることが安らぎを与えてくれました」。関係性は人に限らず、自然や神といった大きな存在との関係もあるのです。

    *

 死を受容できるかは、関係性によるところが大きい。身をゆだねられる人や大きな存在に命を手渡して逝くことができたら、死はその人にとって意味のあるものとなるでしょう。

 死を前にしたとき、本当に大切なものはなにか。ときに立ち止まって考えることで、生き方は違ってくるのです。

 ◆キーワード

 <「死ぬ瞬間」> 69年出版。終末期医療にかかわる人のバイブルともいわれるロングセラー。死にゆく人の心の動きについて、(1)否認と孤立(私は病気ではない)(2)怒り(なんで私が病気に)(3)取引(○○すると誓うのでやり直させて)(4)抑うつ(5)受容の5段階で説明した。

検索フォーム
キーワード:


朝日新聞購読のご案内

[PR]注目情報

ここから広告です

広告終わり

ジャンル別の最新情報はこちら
  • 大学
  • 中学・高校
  • 専門学校