日本語 English 簡体中文 繁体中文 ハングル語
※海のエジプト展は、開国博Y150の共催事業です。

横浜、150年目の大博覧会。

1859年(安政6年)の開国・開港から150周年を迎える、2009年。
横浜は未来への「出航」をテーマに、その歴史や魅力が満載の大博覧会「開国博Y150」を開催します。
みなとみらい地区を中心としたメイン会場「ベイサイドエリア」、食やファッションなどの人気スポットが立ち並ぶ横浜駅周辺から山下・山手地区の「マザーポートエリア」、自然豊かなズーラシア近隣に広がる「ヒルサイドエリア」。

「海」「街」「自然」が生きるこの3つのエリアから、未来を輝かせる夢の種をまくために。
今、「開国博Y150」という名の船があなたを乗せて「出航」します。

くわしくは、http://event.yokohama150.org/

ベイサイドエリア
みなとみらい21新港地区周辺(有料会場・周遊会場)/会期:2009年4月28日(火)〜9月27日(日)10:00〜22:00
※周遊会場は閉場時間が異なります。
※小中学校団体については繰り上げ開場を行います。(予定)

横浜の海と港の景観の中に、様々なイベント会場が集まる記念テーマイベントの中心エリア。夜間は、華やかなナイトショーやライトアップがにぎわいを演出します。

ヒルサイドエリア
よこはま動物ズーラシア隣接地区(有料会場)/会期:2009年7月4日(土)〜9月27日(日)9:30〜17:30
※但し、8月の毎週土日及び9月19日から27日の9日間は、9:30〜20:30

横浜市緑区と旭区にまたがる横浜動物の森公園の中にあり、よこはま動物園ズーラシアに隣接しています。横浜の里山に囲まれた緑あふれる環境の中、公募で募った市民スタッフが中心になって創っていくエリアです。

マザーポートエリア
横浜駅周辺〜山下・山手地区/会期:2009年の年間を通じて展開
横浜の繁華街、商店街などお馴染みの人気スポットを思う存分楽しめるエリア。街全体がお客様一人ひとり笑顔でお迎えします。
横浜開港150周年記念事業 マスコットキャラクター「たねまる」
写真
巨大スペクタクルアート ENEOS「La Machine(ラ・マシン)」
写真
竹の海原での市民創発プロジェクト
写真
撮影:森日出男
アクセス案内図