現在位置:
  1. asahi.com
  2. ニュース
  3. English
  4. Asahi Weekly
  5. 記事

【STARTING LINE】Tokyo teen inspired by education gained at Davos World Economic Forum

ダボス会議に東京から高校生が出席、社会貢献の実体験から力強いメッセージを発信

By Yoko Morihiro, Asahi Weekly

 Among the global leaders who attended the recent World Economic Forum in Davos, Switzerland, was a 16-year-old Filipina from Tokyo who got the education of a lifetime.

 "Best four days of my life!" Carmina Mancenon said with a sparkle in her eyes, in an interview with Asahi Weekly.

 Mancenon, a 12th-grader at K. International School Tokyo, was one of six youths sent on the British Council’s Global Changemakers program. The organization gathered 60 young social activists from around the world for a training and networking meeting in November in the U.K., where Mancenon was selected to attend the Davos forum, which concluded on Jan. 31. The program, which started in 2007, received 1,200 applications from 44 countries last year.

 Mancenon, who was born in Manila but raised mostly in Tokyo, has helped at a local senior home, started a youth essay competition on global issues, and led a youth group to Thailand of volunteers to help build houses.

 She said, however, she had never dreamed of attending such a prestigious event as the Davos forum, because she is "far from amazing." Now she is determined to encourage other teenagers to make a difference in the world.

 While growing up, the teen has witnessed poverty in the Philippines and affluence in Japan, and said the personal connections she built with those in need have motivated her to activism.

 That gave her the idea for her project "Stitch Tomorrow," which she presented in Davos. She plans to start an online store for clothing designed by people in developing countries using recycled materials. She also wants the store to become a platform for youths in developing and developed countries to communicate with each other.

 "There are so many opportunities out there to get involved," Mancenon said. "Just getting involved little by little really makes a difference."

対訳

 先ごろスイスのダボスで、世界中の要人が集まって開かれた世界経済フォーラム(ダボス会議)に、東京在住の16歳のフィリピン人高校生が出席し、またとない有意義な経験をした。

 カルミナ・マンセノンさんは朝日ウイークリーのインタビューで、「私の人生で最高の4日間でした!」と、目を輝かせて話した。

 マンセノンさんはK. インターナショナルスクール東京の12年生で、ブリティッシュ・カウンシルのグローバル・チェンジメーカーズ・プログラムの一環として出席した青少年6人のうちの一人。同カウンシルでは昨年11月、イギリスで若き社会運動家60人を対象にした、ネットワーキングとトレーニングのための会合を開き、マンセノンさんはそこで、1月31日まで開かれたダボス会議の出席者として選ばれた。2007年から始まった同プログラムには昨年、44カ国から1200人が応募した。

 マニラで生まれ、主に東京で育ったマンセノンさんは、地元の老人ホームで奉仕活動をしたり、国際問題をテーマとした青少年のエッセーコンテストを立ち上げたほか、青少年グループを率いてタイへ行き、家を建てるボランティアに参加した実績がある。

 自分は「人に感心されるような特別な人間ではない」ので、ダボス会議のような世界的に有名なイベントに参加するとは夢にも思っていなかったというマンセノンさん。これからは、社会を良くするための活動をより多くのティーンエージャーに働きかけたいと話す。

 フィリピンでは貧困を、日本では豊かさを目の当たりにしながら成長したことに加え、助けを必要とする人たちとの個人的なつながりが、マンセノンさんを社会貢献に駆り立てたと言う。

 ダボス会議で発表したプロジェクト「Stitch Tomorrow」は、その実体験が生かされたものだ。プロジェクトでは、発展途上国の人に再生素材を使った洋服をデザインしてもらい、インターネット上の店で販売しようと計画。この店を通じて、発展途上国と先進国の若者が互いにコミュニケーションを取ってほしいと願っている。

 「(社会貢献に)参加する機会はたくさんあるのです。少しずつでも参加していけば、社会の変革につながるはず」と話した。

  • Filipina フィリピン人女性
  • with...eyes 彼女は目を輝かせて
  • 12th-grader 12年生。日本の高校3年生に該当
  • activist(s) (社会的・政治的な改革を目指す)活動家。そういった活動自体は activism
  • far from 〜からは程遠い
  • make...world 社会を少しでもより良いものに変える
  • affluence 豊かさ
  • those in need 助けが必要な人々
  • Stitch Tomorrow stitchは「縫う」の意味。服飾を通じて貧困問題の解決を目指そうというプロジェクトの名前
  • get involved 通常inを伴って、〜に携わる、かかわるようになる

朝日新聞購読のご案内

初心者でも楽しく読める 週刊英和新聞

クリックすると見本が見られます

information

「週刊英和新聞 朝日ウィークリー」
(1カ月 970円・1部 250円/税込み)
購読申込み
※左の画像をクリックすると全頁の見本を見ることができます

Asahi WEEKLY が聞ける リスニングCD

リスニングCD

「月刊 英語が聞こえる耳」
(毎月1日発行 1575円/税込み)
CD申込み

アサヒ・コム プレミアムで英語学習

プレミアムで英語学習

朝日の時事英語

「朝日の時事英語」

和英対照・天声人語/英文法トレーニング...

英語が聞こえる耳online

「英語が聞こえる耳online」

英語を聞き取れる「英語耳」を作るリスニング教材。

英語論文コンテスト

  • ヘラルド朝日「英語論文コンテスト(English-language Essay Writing Contest)」を開催します。【詳細】

Advertise

The Asahi Shimbun Asia Network
  • Up-to-date columns and reports on pressing issues indispensable for mutual understanding in Asia. [More Information]
  • Why don't you take pen in hand and send us a haiku or two. Haiku expert David McMurray will evaluate your submission. [More Information]