現在位置:
  1. asahi.com
  2. ニュース
  3. English
  4. Asahi Weekly
  5. 記事

【special】Mastering Your Dictionary 辞書特集

電子辞書で英語の世界を広げよう

磐崎弘貞:筑波大学准教授

 あなたは電子辞書派ですか、それとも書籍辞書派?どちらにせよ、英語学習に効果的な検索方法を知らなければ、せっかくの辞書も宝の持ち腐れになってしまいます。また、「電子辞書があるから、書籍辞書は必要ない」と決めつけるのも禁物。今回の特集では、それぞれの一長一短に焦点をあて、知っておきたい活用法を紹介します。時には併用してみることも必要かもしれません。新刊辞書の紹介と読者プレゼントもお見逃しなく。(編集部)

 書籍辞書」に対して、コンテンツがデジタル化されているのが「電子辞書」で、一般には次の3つに大別できます。

 ● 携帯電子辞書:バッグに入れて携帯できるタイプで、最近は辞書や事典類が軽く50冊以上、機種によっては100種類程度入っているものもあります。

 ● パソコンインストール型辞書:通常CD-ROMに収録され、パソコンにインストールして使います。英米の書籍辞書には、CD-ROM 付きのものが多数あります

 ● オンライン辞書:インターネット上で検索できる辞書で、有料のものと無料のものがあります。

正しい意味をピンポイントで

 文脈にぴったり合った単語の意味を、複数の語義の中から探してくれる辞書があれば便利ですが、残念ながら最新の電子辞書でもそこまで要求するのは無理です。しかし、それに近い検索機能があり「例文・成句検索」と呼ばれます。次の文を見て下さい。

 A clock records the passage of time.

 ここで、passageという単語の意味がはっきりしないとします。「時間の一節」とは何のことでしょう?また、time にも特別な意味があるのでしょうか?

 一般の英和辞典を見ると、passage には7個ほど、time には10個以上の語義があることが分かります。つまり、その組み合わせは実に70通り以上になります。しかし、これは単に数字だけの問題で、A という単語が B という単語と結びつくと、自然とそれぞれの意味が固定され、ひとつの成句を形成します。

 そこで、携帯電子辞書の出番です。最もすぐれた機能のひとつ、「成句検索」や「例文検索」を使って、検索窓に「passage&time」と入力してみます(成句か例文か判断できない場合、両方で調べてみましょう)。

 『リーダーズ英和辞典』(研究社)を搭載していれば、the passage of time(時の経過)、『ジーニアス英和大辞典』(大修館)なら with the passage of time(時がたつにつれて)などがヒットします。つまり、先ほどの文は「時計は、時の経過を記録するものです」という意味だと分かります。

 このように、文脈に応じた意味をピンポイントで見つけるには、例文・成句検索を使って、英文にある2語以上の語を組み合わせて引く方法が便利です。同様に、address a question は「住所 (address)」とは関係なく「質問をする」、the face of the earth は「地球の顔」ではなく「地球全体」であることを一発で教えてくれます。 

CD-ROM辞書は言葉の宝庫

 パソコンで英文を書いたり読んだりする場合なら、CD-ROM 辞書の活用も考えるべきです。

 最近では CD-ROM 付きの書籍辞書が数多く出版されています。コンピューター技術を駆使したさまざまな検索機能が備わっているほか、書籍辞書本体には掲載されていない膨大な数の例文や、物の名称がひと目で分かるカラーイラスト、さらには文法問題やクイズなども収録されています。

 また、見出し語句や例文の発音が聞ける機能が付いていたり、文型やコロケーション(自然な語と語の結びつき)を一度に表示してくれるのも魅力です。

 特に英米の主要な学習者向けの辞書に付いている CD-ROM は、一見おまけのように見えますが、強力な機能が満載です。先日、第5版が発売された Longman Dictionary of Contemporary English(ピアソン・エデュケーション)は、CD-ROM より容量が大きいDVD-ROM付きで4725円です。DVD なしで4200円なので、辞書ソフトはわずか500円強ということになります。試しに以下の例文の意味を調べてみましょう。

 Neon lights have deprived us of darkness.

 まず、検索窓に「neon light」と入れて、phrase search ボタンをクリックします。すると「neon lights/signs (=one that uses neon)」という表現がヒットし、neon lights は「ネオンを使うライト=ネオンサイン」であることが分かります。また、ネオンライト (neon lights) が、カタカナ英語ではなく、正しい英語であることも確認できます。

 さらに、この表現には the neon lights of Las Vegas のほか計2つの用例があり、音声機能も付いています。通常の電子辞書は、見出し語の発音をウリにしていますが、本辞典ではほとんどすべての用例まで読み上げてくれるので、文中の各語の強弱や抑揚も耳から学べます。

 次に deprive を入力すると、「deprive somebody of something」という表示で、deprive A of B の型と共に、その意味を to prevent someone from having something, especially something that they need or should have と教えてくれます。これらの情報から先ほどの英文は「ネオンサインが、私たちから暗闇を奪った」といった意味だと分かります。もちろん読み上げ機能が付いた deprive を含む用例もあります。

 さらに詳しく知りたい人には、deprive が他の見出し語と一緒に使われる例(deprived area<貧民街>など)や、100万語コーパスからの用例も表示してくれます。また、同義語ボタンをクリックすることで、Longman Language Activator という同義語辞典から strip (somebody) など、9個の似た単語の使い方を教えてくれます。

見逃せない無料のオンライン辞書

 外出先などでどうしても、なじみのある辞書を使ってパソコン上で作業をしたい場合なら、インストールが不要のオンライン辞書が一役買ってくれます。

 『プログレッシブ英和・和英中辞典』(小学館)や『英和・和英中辞典』(研究社)、Oxford Advanced Learner's Dictionary (オックスフォード大学出版) や、Longman Dictionary of Contemporary English (ロングマン社)などは無償で利用することができます(Google 等で検索してみて下さい)。

 『ウィズダム英和辞典』(三省堂)も、書籍版購入者限定ですが、登録すれば無償の検索が可能になります。有料でも構わないなら、大修館や研究社のほぼ全ての英語辞書がオンラインで使えるので、各社のホームページで確認してみましょう。

 先日、ウェブ上の資料で Attention, right face, forward march. という表現に出会いました。right face(右の顔)が何のことか分かりますか?早速、英辞郎 (www.alc.co.jp) を引いてみましょう。この辞書の利点は、単語に限らずフレーズでも検索可能なことです。すると、これは軍事用語で「右向け右!」、forward marchも号例で「前進!」だと分かります。同様に、attention も号例の場合は「気をつけ!」です。つまり、先ほどの英文は軍隊の号令表現だったわけです。

ますます便利になる最新機器

 最近の携帯電子辞書の中には、インターネットからダウンロードした文書を読むことができる機能が付いたものもあります。例えば、カシオ社の XD-GF9800 等の機種では、青空文庫(日本語。著作権の消滅した作品を中心に、7500タイトル以上を無料公開している)や Project Gutenberg (英語)などから好みの文書をダウンロードし、本体で表示が可能です。

 また、携帯用の電子辞書では初めて、USB ケーブルでパソコンにつないで、パソコン画面からコンテンツを使用できる機種(セイコーインスツル SR-G9001など)も登場しました。

 今回紹介したすぐれた検索方式や機能を組み合わせて、電子辞書を活用してみて下さい。きっと、新しい学習方法が見えてくるはずです。

磐崎弘貞(いわさき・ひろさだ)

 1957年徳島県生まれ。筑波大学大学院修士課程英語教育コース修了。専門は、英語教育、英語学。著書に『正・続 英英辞典活用マニュアル』(大修館)、『辞書力を鍛える』(DHC)、『ドライブすればイギリスの素顔が見える』(亜紀書房)などがある


朝日新聞購読のご案内

初心者でも楽しく読める 週刊英和新聞

「週刊英和新聞 朝日ウィークリー」
(1カ月 970円・1部 250円/税込み)
購読申込み

Asahi WEEKLY が聞ける リスニングCD

リスニングCD

「月刊 英語が聞こえる耳」
(毎月1日発行 1575円/税込み)
CD申込み

アサヒ・コム プレミアムで英語学習

プレミアムで英語学習

プレミアムで英語学習

「朝日の時事英語」
和英対照・天声人語/英文法トレーニング…

英語論文コンテスト

  • ヘラルド朝日「英語論文コンテスト(English-language Essay Writing Contest)」を開催します。【詳細】

Advertise

The Asahi Shimbun Asia Network
  • Up-to-date columns and reports on pressing issues indispensable for mutual understanding in Asia. [More Information]
  • Why don't you take pen in hand and send us a haiku or two. Haiku expert David McMurray will evaluate your submission. [More Information]