メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

02月24日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック

7月5日号のお知らせ

  • Asahi Weekly

    国際舞台でも輝いた広瀬すずさん

    今週の表紙は、全国で公開中の映画「海街diary」(是枝裕和監督)で、4人姉妹の末っ子を好演している俳優の広瀬すずさん(17)です。映画の中では、姉3人とは「異母きょうだい」。「家族」を取り戻す様子を描いています。5月のカンヌ国際映画祭コンペティション部門に選ばれ、スポットライトを浴びても、堂々としていました。

PR情報

今週の注目記事

  • ◇Feature:世界的作家のカズオ・イシグロさん 新作に込めた思い語る

    日系英国人作家、カズオ・イシグロさんが6月に来日し、朝日新聞とのインタビューに応じました。10年ぶりの長編「忘れられた巨人」では、中世のイングランドを舞台に、息子を探す旅に出るブリトン人の老夫婦らを通じて、失われた記憶や愛、復讐(ふくしゅう)、戦争を描いています。自身の生地で、被爆地でもある長崎を舞台にした作品で知られるイシグロさんに、5歳まで過ごした長崎の記憶や、今回の新作について聞きました。

  • ◇Lisa’s Eye on Tokyo リサの東京案内

    東京在住のフォトグラファーで、大学で教鞭(きょうべん)を執るリサ・ヴォートさんが、東京の魅力を紹介するエッセー。毎回1カ所を選び、その街の歴史やみどころを伝えます。2020年の東京五輪・パラリンピックの開催に向け、英語で東京を案内するためのヒントがいっぱい。第8回は高層ビルの建設で姿を変える一方、昔ながらの商店街など、昭和時代の「顔」も持つ世田谷の名所「三軒茶屋」です。

  • ◇入試で増やす Vocabulary

    オンライン予備校「受験サプリ」の人気講師、関正生さんが過去の入試問題を素材に、記憶に残る語彙(ごい)力増強法を伝授します。焦点をあてるのは、英語力の土台になる「単語・熟語・多義語」など。第5回のテーマは「submit 関連の重要表現」です。

好評連載

初級編・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  • ◆やさしい単語で寸劇! The Greenville Story

    米オレゴン州の架空の町、グリーンビルを舞台にした長寿連載。高校生のマリーや友人、家族らが、寸劇(スキット)練習にぴったりな日常会話を繰り広げます。米国の生活についてのミニコラムもあります。

  • ◆On the Keyboard リレーエッセー

    外国人による異文化エッセー。3カ月ごとに筆者が変わります。今回から新たな筆者が登場します。7~9月を担当するのはカナダ人のアレキサンダー・パパスさん。大学講師のかたわら英語教材の開発も手掛けています。第1回は、いまだに奇異に感じる日本人の習慣や行動、しきたりを中心につづってくれました。

中級編・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  • ◆Ema’s Kitchen

    食のスペシャリスト、小枝絵麻さんによる人気連載。「レシピ」と「料理にまつわるエッセー」を、月替わりで掲載します。奇数月の今回はレシピです。夏野菜でマリネしたマグロを極細の冷製パスタと合わせた料理を紹介します。

  • ◆Movies 最新映画の解説とシナリオ対訳

    今回紹介する作品はダニエル・エスピノーサ監督の「チャイルド44 森に消えた子供たち」。世界的ベストセラー小説を映画化。1950年代、「理想国家に殺人は存在しない」とするスターリン体制下のソ連で、国家保安省の敏腕捜査官が、連続殺人事件の解明に乗り出します。

上級編・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  • ◆Travel Port Sudan, SUDAN

    今回紹介するのは、アフリカ東北部スーダン沖にある世界有数のダイビングスポット。政情不安が続いたために観光開発が遅れている地域ですが、その半面、手つかずの自然が残されているとのこと。旅の筆者は、紅海沿岸にある港町、ポート・スーダンを拠点にダイビングに出かけました。美しいサンゴ礁に目を奪われたり、大型のサメに遭遇したりと、海底に広がる神秘の世界を堪能したようです。

  • ◆デイビッド・セインのヘンな英語修理します

    これまで200冊以上の英会話本を世に送り出してきた英語教育界のカリスマ、デイビッド・セインさんが、日常生活の様々な場面で誤解を招きやすい日本人英語のミスを指摘して、正しい用法を伝授します。米国勤務になったケンについて、ケビンにヨーコが尋ねます。ヨーコは「ケンがビザを取得済み」であることを、… he already took his visa from the U.S. Embassy. という英語で伝えるのですが、ケビンからは予想に反した返事が…。一体、どこがいけなかったのでしょうか?

お知らせ一覧

  • The Asahi Shimbun Subscription Information

PR注目情報

注目コンテンツ

  • 写真

    【&AIRPORT】空の上のレストランで舌鼓

    フィンエアーで過ごす極上の旅

  • 写真

    【&TRAVEL】1週間サハリンで暮らす旅

    再び「12万円で世界を歩く」

  • 写真

    【&M】受け継がれた名店のカレー

    「フィッシュ」(東京・新宿)

  • 写真

    【&w】チョコレート・アート展

    チョコレートをプレゼント

  • 写真

    好書好日親子って、厄介な存在だな

    松本穂香さんインタビュー

  • 写真

    論座汚染源は在沖米軍基地

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジンホテルで買う老舗の和菓子

    The Okura Tokyo

  • 写真

    T JAPAN新時代のスポーツウォッチ

    最旬は「ブレスレット一体型」

  • 写真

    GLOBE+「もてたい」は批判の対象

    「議論」を好む国のSNS論争

  • 写真

    sippoペット保険契約が増加傾向

    治療費の高額化が背景に

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ