メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

08月08日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック

7月19日号のお知らせ

  • Asahi Weekly

    セリーナ、4大大会4連勝

    今週の表紙は、テニスのウィンブルドン選手権女子シングルスで3年ぶり6度目の優勝を果たした、米国のセリーナ・ウィリアムズです。決勝戦ではスペインのガルビニェ・ムグルサを6-4、6-4で破りました。自身で2度目となる「4大大会4連勝」を達成した試合後のインタビューでは「またできるとは思っていなかった」と大喜び。4大大会通算21勝の記録は、歴代3位となる偉業です。

PR情報

今週の注目記事

  • ◇Feature:歌舞伎の魅力を伝えるイヤホンガイド

    伝統芸能の魅力を伝えるために開発されたイヤホンガイドですが、英語をはじめとする外国語解説でも一役買っています。舞台の進行に合わせて、音声でセリフや物語の内容を解説してくれる優れモノで、訪日客の急増に伴い大きな需要が見込まれます。東京・半蔵門の国立劇場で6月に開かれた「外国人のための歌舞伎鑑賞教室」の取材記事を中心に紹介します。

  • ◇入試で学ぶGrammar

    オンライン予備校「受験サプリ」の人気講師、肘井学さんが過去の入試問題を素材に、従来とは異なる視点から、英文法の仕組みをわかりやすく伝授します。文法用語が持つ真の意味に迫る、目からうろこの連載。第4回は「準動詞の完了形を攻略」がテーマ。不定詞、動名詞、分詞の総称である準動詞の完了形は、述語動詞より「以前」を表す点がポイントです。

  • ◇Lisa’s Eye on Tokyo リサの東京案内

    東京在住のフォトグラファーで、大学で教鞭(きょうべん)を執るリサ・ヴォートさんが、東京の魅力を紹介するエッセー。毎回1カ所を選び、その街の歴史やみどころを伝えます。2020年の東京五輪・パラリンピックの開催に向けて、英語で東京を案内するためのヒントがいっぱい。第9回は江戸情緒を色濃く残す古い街並みと、近代的なマンション群が融合する「佃(つくだ)」です。

好評連載

初級編・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  • ◆100語で読むニュース News in 100 Words

    使用する単語の数を約100語に限定した、初心者向けのニュースページです。従来のニュース面を敬遠していた方はぜひ、目を通してみて下さい。手厚いヒントに加えて対訳もあるので、中高生の皆さんも挫折することなく読めるはずです。また、先生方にとっては教科書以外の副教材としても最適です。一般読者の方も、時事英語学習の基礎づくりにご活用ください。今回取り上げるニュースは「沖縄発 平均年齢84歳のアイドルグループ」と「『ムーミン』の世界 埼玉の湖畔に」の2本です。

  • ◆やさしい単語で寸劇! The Greenville Story

    米オレゴン州の架空の町、グリーンビルを舞台にした長寿連載。高校生のマリーや友人、家族らが、寸劇(スキット)練習にぴったりな日常会話を繰り広げます。米国の生活についてのミニコラムもあります。

中級編・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  • ◆TOEIC®テスト 単語のツボ

    TOEICテストの出題傾向を詳細に分析し、単語に主眼を置いた試験対策用のコラム。TOEIC専門校「ARE」の長本吉斉先生が作成したクイズを通して、効率よく必須単語が身につくようになっています。第16回のテーマは「『比較』の基礎を学ぶ」。比較表現で受験者が陥りやすい「落とし穴」を取り上げました。

  • ◆Movies 最新映画の解説とシナリオ対訳

    今回紹介する作品はビル・ポーラッド監督の「ラブ&マーシー 終わらないメロディー」。「カリフォルニア・ガールズ」や「サーフィン U.S.A.」などで知られる、ザ・ビーチ・ボーイズのブライアン・ウィルソンの知られざる半生を映画化した話題作です。

上級編・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  • ◆Travel Puglia Province, ITALY

    今回の旅の筆者が訪れたのは、イタリア南部プーリア州。アドリア海とイオニア海に挟まれ、オリーブの木々や麦畑が広がる一帯は、知る人ぞ知る魅力あふれる観光地。イタリア人の妻と共に歴史的建造物を訪ねたり、美しい海岸線をドライブしたりと、紺碧の海と空、豊かな緑に囲まれた南欧の空気を満喫したようです。

  • ◆デイビッド・セインのヘンな英語修理します

    これまで200冊以上の英会話本を世に送り出してきた英語教育界のカリスマ、デイビッド・セインさんが、日常生活の様々な場面で誤解を招きやすい日本人英語のミスを指摘して、正しい用法を伝授します。日本に初めてやってきたマイク。観光案内をしてくれる友達のタケシに、お薦めの場所を尋ねます。タケシは、田舎の雰囲気が味わえる「ローカル」な名所を、There’s a really local place that I recommend.という英語を使って提案したつもりですが、意図が通じないようです。

お知らせ一覧

  • The Asahi Shimbun Subscription Information

PR注目情報

注目コンテンツ