メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

11月17日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック

11月15日号のお知らせ

  • Asahi Weekly

    さらなる民主化をリード

    今週の表紙は、ミャンマーの野党・国民民主連盟(NLD)を率いるアウンサンスーチー氏です。同国では11月8日に投開票された総選挙で、NLDが大躍進し、圧勝を揺るぎないものにしました。全選挙結果が確定するには約2週間かかる見通しですが、与党も大敗を認めており、3月末には新政権が発足する可能性が高まっています。軍による政治支配が半世紀にわたって続いたミャンマーで、民主化はさらに進展しそうです。関連記事をニュース面でも取り上げました。

今週の注目記事

  • ◇Feature:米国人女優 ブライアリー・ロングさんインタビュー

    人間とアンドロイドが共演する映画「さようなら」が10月27日、第28回東京国際映画祭コンペティション部門で上映されました。そこで朝日ウイークリーは、この映画で主演を務めたブライアリー・ロングさんに作品を通して伝えたかったことなどについて、お話を伺いました。原発事故によって放射能に侵された近未来の日本に一人取り残された外国人女性と、人間そっくりのアンドロイドロボットが、互いに寄り添うことで、人間の孤独や絆を浮き彫りにした物語です。

  • ◇入試で学ぶGrammar

    オンライン予備校「受験サプリ」の人気講師、肘井学先生が過去の大学入試問題を素材に、従来とは異なる視点から、英文法の仕組みをわかりやすく伝授します。文法用語が持つ真の意味に迫る、目からうろこの連載。今回は「『所有の』関係代名詞とは?」がテーマ。who や which とはどのような違いがあるのでしょうか。学校で学んだことを思い出しながら、じっくり復習してみてください。

  • ◇Lisa’s Eye on Tokyo リサの東京案内

    東京在住のフォトグラファーで、大学で教鞭(きょうべん)を執るリサ・ヴォートさんが、東京の魅力を紹介するエッセー。毎回1カ所を選び、その街の歴史やみどころを伝えます。2020年の東京五輪・パラリンピックの開催に向けて、英語で東京を案内するためのヒントがいっぱい。今回は、筆者もかつて暮らしたことのある福生(ふっさ)。横田基地があることでも知られ、日本にいながら米国の雰囲気が味わえます。

好評連載

初級編・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  • ◆100語で読むニュース News in 100 Words

    使用する単語の数を約100語に限定した、初心者向けのニュースページです。従来のニュース面を敬遠していた方はぜひ、目を通してみて下さい。手厚いヒントに加えて対訳もあるので、中高生の皆さんも挫折することなく読めるはずです。また、先生方にとっては教科書以外の副教材としても最適です。一般読者の方も、時事英語学習の基礎づくりにご活用ください。今回取り上げるニュースは「ミラノ万博 日本館が金賞」と「少女を助けた『医師』 なんと大統領」の2本です。

  • ◆やさしい単語で寸劇! The Greenville Story

    米オレゴン州の架空の町、グリーンビルを舞台にした長寿連載。高校生のマリーや友人、家族らが、寸劇(スキット)練習にぴったりな日常会話を繰り広げます。米国の生活についてのミニコラムもあります。

中級編・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  • ◆TOEIC®テスト 単語のツボ

    TOEICテストの出題傾向を詳細に分析し、単語に主眼を置いた試験対策用のコラム。TOEIC専門校「ARE」の長本吉斉先生が作成したクイズを通して、効率よく必須単語が身につくようになっています。第32回のテーマは「『経済』で狙われる派生語」。ビジネス英語の実力を測る指標として使われるTOEICには、economy から派生する誤りやすい単語が頻出します。

  • ◆Movies 最新映画の解説とシナリオ対訳

    今回紹介する作品は、マーク・オズボーン監督の「リトルプリンス 星の王子さまと私」です。世界的なベストセラーとなっているアントワーヌ・ド・サン=テグジュペリによる不朽の名作小説「星の王子さま」の世界観を基にした、感動のファンタジーアニメです。現実の世界を最先端のCGアニメーションで描き、原作の魅力を存分に引き出している点にも注目です。

上級編・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  • ◆Travel Vienna, AUSTRIA

    今回の旅の筆者が訪れたのは、中欧オーストリアの首都ウィーンです。王宮などの名所旧跡や華麗な建築で知られ、「音楽の都」のイメージが強い街ですが、筆者がこだわったのは、ウィーンの世紀末美術を代表する耽美(たんび)の画家、グスタフ・クリムトです。この地で生まれ、オーストリア・ハンガリー帝国、ハプスブルク帝国の最後の時代を生きた巨匠が残した足跡を中心にたどりました。美しい写真をふんだんに配置した、美術・建築好きな人には必見のトラベル記事です。

  • ◆デイビッド・セインのヘンな英語修理します

    これまで200冊以上の英会話本を世に送り出してきた英語教育界のカリスマ、デイビッド・セインさんが、日常生活の様々な場面で誤解を招きやすい日本人英語のミスを指摘して、正しい用法を伝授します。悩み事を抱えて元気がない様子のケン。見かねたシェリーが声をかけると、ケンの口から出たのはCould you give me an advice?という返事。でも、なぜかシェリーは戸惑っています。一体どうしたのでしょうか?

お知らせ一覧

  • The Asahi Shimbun Subscription Information

注目コンテンツ

  • ショッピング・旅行磁石でくっつくペンケース

    手帳やノートにペタリ

  • ブック・アサヒ・コムずっと描きたかったテーマ

    チンギス・ハーンの生涯を描く

  • 【&M】店主が狩猟、ジビエのカレー

    ビートイート(東京・喜多見)

  • 【&w】料理家・冷水さんの新連載

    冷水希三子の何食べたい?

  • WEBRONZAマインドフルネスってなに?

    今日の編集長おすすめ記事

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ