メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

11月20日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック

2月28日号のお知らせ

  • Asahi Weekly

    宮原選手、地道な努力で初V

    今週の表紙は、フィギュアスケートの四大陸選手権で初優勝した宮原知子選手です。台湾・台北市で開かれていた大会では、ショートプログラム、フリー、合計のすべてで自己ベストを更新しての勝利でした。小柄で派手さがない分、陸上トレーニングにも地道に取り組み、ミスのない演技で迫力を見せました。全日本選手権2連覇から、主要な国際大会での初制覇へと進んだ形で、「もっと上を目指していける自信がついた」と言います。3月には米国で世界選手権に挑む予定です。

今週の注目記事

  • ◇Feature:東京マラソン 増える海外ランナー 外国人ボランティアも走る

    日本におけるマラソンブームの火付け役となった「東京マラソン」が、2月28日の実施で10周年を迎えます。今年は約3万7千人の参加が予定され、海外での評判も高まりから、外国籍のランナーは5千人を超える見込みです。このため主催者側は、外国人ボランティアを初めて公募し、支援体制を強化しました。朝日ウイークリーにもマラソン挑戦を目標に、毎朝5~10キロのランニングを自らに課している2人の記者がいます。東京マラソンの準備に追われる舞台裏を取材しました。

  • ◇厚切りジェイソンの日本のココ! ツッコミ入れてもいいですか!?

    お笑い芸人として活動する一方、上場IT企業の役員も務めている厚切りジェイソンさんの書き下ろしエッセー。今回のテーマは、やや時機を逸してしまいましたが、「日本のバレンタインデー」に斬り込みます。「義理チョコ」や、バレンタインのプレゼントのお返しをする「ホワイトデー」など、一風変わった日本の習慣にどうしてもコメントしておきたいようです。心がこもっていない贈り物にどんな意義があるのか、理解に苦しむジェイソンさん。米国との比較を交えて、疑問点を鋭く指摘しています。

  • ◇スポーツでEigo!

    野球やサッカーをはじめとするスポーツが起源で、日常会話やビジネスでも使われている慣用表現を紹介していきます。スポーツネタは、会話で打ち解けるための重要なツールのひとつ。わかりやすい用法の解説と、実用性の高い例文を通して学べるので、スポーツが苦手な人にもきっと役立つはずです。今回は「ゴルフ」から生まれた表現を取り上げます。above par、(be) par for the course、make the cut など、ゴルフファンにおなじみのルールに関連した言い回しが登場します。例文を参考に使い方を覚え、機会を見つけてぜひ会話に生かしてみてください。

好評連載

初級編・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  • ◆Say It Right 英語でどう言う?

    言えそうで言えない日常表現を、イラストを見ながらマスターしましょう。今週は「嫌い」「不満」に関連のある表現がテーマ。「うんざりする」や「不満を発散させる」を英語で言えますか? 昨年12月から、全国のファミリーマート(一部店舗除く)で、本連載のバックナンバーの販売が始まりました。店内のマルチコピー機によるプリントサービス「ファミマプリント」で購入できます。どうぞご利用ください。

  • ◆100語で読むニュース News in 100 Words

    使用する単語の数を約100語に限定した、初心者向けのニュースページです。従来のニュース面を敬遠していた方はぜひ、目を通してみて下さい。手厚いヒントに加えて対訳もあるので、中高生の皆さんも挫折することなく読めるはずです。また、先生方にとっては教科書以外の副教材としても最適です。一般読者の方も、時事英語学習の基礎づくりにご活用下さい。今回取り上げるニュースは「港区が規制 東京タワーの眺望を守る」と「錦織 メンフィス・オープンで4連覇」の2本です。

中級編・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  • ◆Movies 最新映画の解説とシナリオ対訳

    今週紹介する作品は、ダニー・ボイル監督、マイケル・ファスベンダー主演による「スティーブ・ジョブズ」です。アップル社の共同設立者で、2011年に56歳の若さで死去したジョブズについては、すでに多くの伝記が執筆され、映画化されています。しかし、今回の作品は、彼の素顔に限りなく迫っているのが特徴。人生の節目となった3回の新作発表会の舞台裏を通して、強気で独善的な顔の裏に隠された、父親としての脆弱(ぜいじゃく)な内面をあぶり出しています。印象的な音楽と共に、ジョブズの人生をスピーディーに描いた話題作。コンピューターの歴史を変えた、伝説のカリスマの迫力ある生き様が堪能できます。

  • ◆TOEIC®テスト 単語のツボ

    TOEICテストの出題傾向を詳細に分析し、単語に主眼を置いた試験対策用のコラム。TOEIC専門校「ARE」の長本吉斉先生が作成したクイズを通して、効率よく重要単語が身につくようになっています。第46回のテーマは「基礎知識の点検を!」。5月の公開試験から新形式に変わるTOEIC。文法・語彙(ごい)の知識を問うPart 5(空所穴埋め問題)は従来の40題から30題に減ります。とはいえ、基礎知識が随所で試されることに変わりはありません。あせりが原因でミスしがちな問題を取り上げて、解説します。

上級編・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  • ◆Boston’s Beacon Hill, MASS

    今回の旅の筆者が紹介するのは、米マサチューセッツ州ボストンの中心部に位置するなだらかな丘、ビーコンヒルです。建国にまつわる史跡が数多く存在するボストン市内の高級住宅街で、ジョージア様式の富裕層の家並みが連なり、著名人にも人気のエリア。ノスタルジックなれんが敷きの小道を歩けば、おしゃれなレストランや、お気に入りのアンティークショップが見つかるはず。また、リベラルな政治風土が、各国からの移民や学生たちを引きつけ、伝統あるエレガントな雰囲気に、多様な人種が新たな活気を添えています。

  • ◆森住史の英語のアレコレQ&A

    文法・語法を含めた英語に関する素朴な疑問に、NHKラジオ「入門ビジネス英語」の講師も務めた森住先生が、分かりやすく答えます。英語学習者からの質問を想定したQ&A形式です。今回の質問は、「英語で『どうしたの?』と声をかけるには」です。いつもと様子の違う友達に「どうしたの?」と尋ねるには、“What’s up?” / “What’s the matter?” / “What’s wrong” のどれが適切でしょうか。

お知らせ一覧

  • The Asahi Shimbun Subscription Information

注目コンテンツ

  • ショッピング・旅行磁石でくっつくペンケース

    手帳やノートにペタリ

  • ブック・アサヒ・コムずっと描きたかったテーマ

    チンギス・ハーンの生涯を描く

  • 【&M】店主が狩猟、ジビエのカレー

    ビートイート(東京・喜多見)

  • 【&w】料理家・冷水さんの新連載

    冷水希三子の何食べたい?

  • WEBRONZA稀勢の里はもう休場できない

    今日の編集長おすすめ記事

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ