メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

08月11日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック

6月5日号のお知らせ

  • Asahi Weekly

    オバマ大統領 広島で「核なき世界」訴え

    今週の表紙は5月27日、現職の米大統領として初めて広島を訪問し、同市の平和記念公園で演説するバラク・オバマ氏です。「71年前、死が空から降り、世界が変わった」と被爆者らの前で語り始め、「広島と長崎が核戦争の夜明けではなく、私たちが道徳的に目覚めることの始まりとして知られるような未来を選ぼう」と述べ、およそ17分におよぶ演説を結びました。2009年にチェコのプラハで訴えた「核なき世界」に向けた取り組みの必要性を、改めて強調した形です。また、被爆者と握手し、抱擁を交わす場面もありました。演説の全文を、ヒント付きで16、17面に掲載しています。

PR情報

今週の注目記事

  • ◇Ema’s Kitchen

    食のスペシャリスト、小枝絵麻さんによる人気連載。今回は夏にぴったりのヘルシーなスナックを紹介します。「ワンタンチップス」は、はけでオリーブオイルを塗ってオーブンで焼き上げると、揚げたような味わいになります。また、旬のトマトを使った煮込みサルサは、米国のルース前駐日大使の奥様に教わったレシピだそうです。さらに、スパイシーなサルサとの相性も彩りも良いアボガドをセットにしました。ビールのお供にも最適です。英語(和訳付き)の手順を参考に、ぜひご家庭で試してみてください。

  • ◇ジュニア英語 Let’s go abroad!

    オーストラリアでホームステイする2人の子ども(健太と麻里)を主人公に、初めての海外体験を出発から帰国報告までカバーします。イラストを豊富に使い、役立つ表現を様々な場面別に取り上げていきます。困ったときにはバーチャル(仮想現実)のおじいちゃんとおばあちゃんが、助け船を出してくれるというユニークな設定。今回のテーマは「日本からのおみやげ」です。扇子や箸など、日本独特のものを英語で説明するコツを学んでください。会話例をもとに役割を決めて、お子さんと一緒に練習してみましょう。

  • ◇Lisa’s Eye on Tokyo リサの東京案内

    東京在住のフォトグラファーで、大学で教鞭(きょうべん)を執るリサ・ヴォートさんが、東京の魅力を紹介するエッセー。毎回1カ所を選び、その街の歴史やみどころを伝えます。2020年の東京五輪・パラリンピックの開催に向け、英語で東京を案内するためのヒントがいっぱい。今回散策したのは、ビジネスから遊びまで抜群の利便性が魅力の赤坂です。一般公開の期間が拡大した迎賓館をはじめ、近代的なビルに隠れてひっそりたたずむ神社仏閣など、外国人観光客の心をつかむ施設へも足を運びました。

好評連載

初級編・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  • ◆やさしい単語で寸劇! The Greenville Story

    米オレゴン州の架空の町、グリーンビルを舞台にした長寿連載。高校生のマリーや友人、家族らが、寸劇(スキット)練習にぴったりな日常会話を繰り広げます。米国の生活についてのミニコラムもあります。今回は期末試験がテーマです。

  • ◆On the Keyboard リレーエッセー

    外国人による異文化エッセー。3カ月ごとに筆者が代わります。4~6月を担当するのは、ベルギー人女性のティナ・ワルラベンスさん。現在、慶応大学大学院で日本の食糧事情について研究中です。これまで母国を拠点に、中国と日本で論文発表、書籍執筆、翻訳、大学講師など、幅広い分野で多彩な才能を発揮しています。第10回では、筆者の生まれ故郷、ブリュージュで過ごした少女時代を中心につづっています。

中級編・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  • ◆英語で案内してみよう! 通訳ガイドのおもてなし指南

    ベテランの通訳ガイドが日本独特の文化や慣習、その背景にある歴史などを、外国人に分かりやすく説明するコツを伝授します。新年度からはボリュームアップし、さらに充実した内容になりました。英語での案内に役立つ「おもてなし表現」や、「ガイドの現場から」と題した筆者自らの体験談も、ガイドを目指す人の参考になります。今回のテーマは「真珠」。外国人の興味を引く日本の真珠養殖に関する言い回しが学べます。

  • ◆Movies 最新映画の解説とシナリオ対訳

    今回紹介する作品は、アントワーン・フークア監督、ジェイク・ギレンホール主演の「サウスポー」。事故で愛する妻を失ったボクシングの元チャンピオンの再起と、家族の絆を描いた作品です。父親失格で引き離された一人娘を何とか取り戻そうとする主人公が、ひたむきに自分と向き合うことで成長していく姿が感動的です。ギレンホールは、ボクサー役を演じるため、過酷な肉体改造に取り組んだそうです。

上級編・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  • ◆Travel, Cote d’Azur, FRANCE

    今回の旅の筆者は、フランス南部にある世界屈指のリゾート地、コートダジュール地方を訪れました。気候が温暖で、カンヌやニースなどの保養都市があることでも有名です。また、シャガールやピカソなどの著名な画家たちの創作拠点にもなっていました。紺碧(こんぺき)の海がまぶしいビーチや、おしゃれな街並みが観光客を魅了し、のんびり休暇を過ごすには理想的な場所です。高級感に圧倒されそうですが、筆者は知る人ぞ知るB&B(朝食付きの民宿施設)を上手に利用しながら、経済的な旅を楽しんだようです。

  • ◆デイビッド・セインのヘンな英語修理します

    これまで200冊以上の英会話本を世に送り出してきた英語教育界のカリスマ、デイビッド・セインさんが、日常生活の様々な場面で誤解を招きやすい日本人英語のミスを指摘して、正しい用法を伝授します。喫茶店で待ち合わせたレイコとブライアン。調べ物をしようとパソコンを取り出したレイコが、Wi-Fi(ワイ・ファイ)を忘れてしまったことに気づきます。ブライアンから、No worries. It happens all the time.という言葉をかけてもらったのですが、レイコは謝罪して、会話がかみ合わない様子。何を誤解したのでしょうか?

お知らせ一覧

  • The Asahi Shimbun Subscription Information

PR注目情報

注目コンテンツ