メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

02月24日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック

10月16日号のお知らせ

  • Asahi Weekly

    女子ゴルフの新星 畑岡奈紗さん、アマチュア初のメジャーV

    今週の表紙は、ゴルフの日本女子オープン選手権で優勝した、高校3年生の畑岡奈紗さんです。アマチュアとして国内女子メジャー大会史上初の優勝でした。母親が働いているゴルフ場でゴルフに親しんだという畑岡さん。両親が「なさ」という名前をつけたのは、米航空宇宙局の「NASA」にちなんでのことと言います。近くプロ転向するとも報じられ、次戦でも活躍した畑岡さんは、将来に向けて大きな夢を抱いています。

PR情報

今週の注目記事

  • ◇Feature:インド映画はいま インド映画のスター、アーミル・カーンさんインタビュー

    今週は、インド映画のいまを探る特集を組んでいます。インドで過去最高の興行収入を記録した作品「PK」が10月末に日本でも公開されるのに合わせ、主演俳優のアーミル・カーンさんにインタビューしました。アーミルさんは、インド映画の歴代興行収入トップ10のうち3作で主演しているというインド映画界きってのスターです。今回の作品でも、地球に降り立った異星人という難しい役どころを、見事に演じきっています。そのアーミルさんの演技への思いを聞くことができました。かつては、ロマンスやアクションを一本に詰め込み、歌と踊りをちりばめた作品が、いわゆる「ボリウッド」の典型的なものでしたが、最近は新しいタイプの映画も多く生まれているようです。インドの最新映画事情も、専門家に解説してもらっています。

  • ◇地球うおっちんぐ: チャンスと夢のある香港いつまでも

    アグネス・チャンさんによる人気連載エッセーです。今回は、アグネスさんの故郷である香港での体験を披露しています。香港では2014年に、民主化を求める若者らが大規模デモをした「雨傘革命」がありました。この民主化運動は香港で世代間の対立を生んでいるそうで、自由な議論をする雰囲気が失われているのでは、とアグネスさんは懸念しています。故郷の未来に向けて、アグネスさんが自らの考えを語ります。

  • ◇Lisa’s Eye on Tokyo リサの東京案内:「新橋」

    東京在住のフォトグラファーで、大学で教鞭(きょうべん)を執るリサ・ヴォートさんが、東京の魅力を紹介するエッセー。毎回1カ所を選び、その街の歴史やみどころを伝えます。2020年の東京五輪・パラリンピックの開催に向け、英語で東京を案内するためのヒントがいっぱいです。今回訪れたのは、「サラリーマンの聖地」とも呼ばれる新橋です。日本の鉄道発祥の地としても知られるこの街は、文明開化の跡が残されています。おじさんたちが集まるだけの場所ではない、隠れた魅力も探ります。

好評連載

初級編・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  • ◆やさしい単語で寸劇! The Greenville Story

    米オレゴン州の架空の町、グリーンビルを舞台にした長寿連載。高校生のマリーや友人、家族らが、寸劇(スキット)練習にぴったりな日常会話を繰り広げます。米国の生活についてのミニコラムもあります。今週は、歯医者に出かけていったジュリアたちの会話です。米国でのデンタルケアも話題にのぼります。

  • ◆On the Keyboard リレーエッセー

    外国人による異文化エッセーで、3カ月ごとに筆者が代わります。10月から12月までを担当するのは、アルバニアで生まれ、その後、現在のコソボ共和国に移り住んだというベジアン・ハイルラフーさんです。現在は早稲田大学の大学院に在籍中で、将来は学術分野で東アジアとコソボの架け橋になるという夢を持っています。日本で驚いたのは、「食」への強い熱意だと言います。コソボの食文化との比較を語ります。

中級編・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  • ◆Movies 最新映画の解説とシナリオ対訳

    今回紹介する作品は、デヴ・パテルとジェレミー・アイアンズが出演する「奇蹟がくれた数式」です。インドが生んだ天才数学者のシュリニバーサ・ラマヌジャンを取り上げています。ラマヌジャンは若くして世を去りましたが、この映画では、彼が英国の名門大学に招かれ、研究に打ち込んだ時代が描かれています。数学にまつわる難解な言葉も多く登場しますが、物語の中心は、二人の数学者が絆を育む人間ドラマです。英文のスクリプト(脚本)と対訳を楽しんでいただきます。

  • ◆英語で案内してみよう! 通訳ガイドのおもてなし指南

    海外から日本を訪れる方をもてなすために、覚えておきたい表現などが満載です。通訳ガイドが現場での経験を披露するコーナーもあります。今回のテーマは、日本人にとって特別な存在である「漢字」です。多くの日本人は、単なる文字というよりも、漢字と暮らすことそのものを楽しんでいて、漢字は日々の生活にも深い影響を与えています。そんな文化的背景を、どう説明したらよいでしょうか。

  • ◆TOEIC®テスト ランダムトーク

    TOEICテストの出題傾向を詳細に分析し、単語・文法に主眼を置いた試験対策用のコラム。TOEIC専門校「ARE」の長本吉斉先生が担当します。秋の受験シーズンに、得点力アップを目指しましょう。今回のテーマは、「『時』に関する常連単語」です。

上級編・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  • ◆Travel Twin cities of Albury-Wodonga, AUSTRALIA

    今回旅をしたのは、オーストラリア最長とされるマレー川の流域にあるオーブリーとウォドンガという町です。豪州の先住民を祖先に持つという親子に案内されて、かつての先住民の生活と文化の営みに触れます。先住民の様々な部族が集ったと言われる場所を訪れ、彼らが残した岩窟壁画も目にします。先住民の絵画は、今日ではアボリジナル・アートと呼ばれているそうです。こうした祖先の精神性と誇りが、今も豪州で受け継がれていることに、筆者は感銘を受けるのでした。

  • ◆デイビッド・セインのヘンな英語修理します

    これまで200冊以上の英会話本を世に送り出してきた英語教育界のカリスマ、デイビッド・セインさんが、日常生活の様々な場面を想定。誤解を招きやすい日本人英語のミスを指摘して、正しい用法を伝授します。新しい部署に移ってきたケンタが、困った顔で同僚のマイケルに話しかけます。でも、なぜか意思疎通がうまくいっていない様子です。いったい何が問題なのでしょう。

お知らせ一覧

  • The Asahi Shimbun Subscription Information

PR注目情報

注目コンテンツ

  • 写真

    【&AIRPORT】日系航空会社だけで十分?

    知らないと損するマイル活用術

  • 写真

    【&TRAVEL】中世の家屋が残る村にて

    トスカーナで出会ったネコたち

  • 写真

    【&M】あの人気者がモデルチェンジ

    外観はすっきり、内装は豪華に

  • 写真

    【&w】締めには豚焼きそば

    リズム感とハーモニーで

  • 写真

    好書好日怪奇現場で呑む酒の味は…

    清野とおるさん「東京怪奇酒」

  • 写真

    論座安倍政権と新型肺炎の戦い

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジン718スピードスターの魅力。

    ポルシェはやっぱりカッコいい

  • 写真

    T JAPAN八嶋智人さんの偏愛おやつ

    ひと手間ちがう、レモンケーキ

  • 写真

    GLOBE+「トヨタ革命」に迫る

    ベルトコンベヤーは捨てた──。

  • 写真

    sippo林に捨てられ骨折していた猫

    それでも見つかった温かな家

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ