メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

08月17日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック

2月5日号のお知らせ

  • Asahi Weekly

    横綱に昇進した稀勢の里

    今週号の表紙に登場するのは、大相撲初場所で優勝し、72代横綱に昇進した稀勢の里です。昇進の伝達式、さらに土俵入りと大きなイベントが続きましたが、AWが選んだのは、地元の小学校で開かれた優勝報告会の一コマです。ふだんは硬い表情が多い印象の稀勢の里が、子どもたちに囲まれて満面の笑みを浮かべています。長年にわたりモンゴルやハワイ出身の力士が角界に君臨してきましたが、1998年以来の日本出身の横綱の誕生に、否応なしに期待感が高まっています。今週号では、「100語で読むニュース」のコーナーでも、稀勢の里の横綱昇進を取り上げています。

今週の注目記事

  • ◇Feature: ツイッターのつぶやきで見るトランプ新大統領

    新しく就任した米国のドナルド・トランプ大統領。その言動が、世界中で波紋を呼んでいます。トランプ大統領が特に多用しているのが、ソーシャルメディアであるツイッターです。多くの大手メディアとは敵対しながら、ツイッターでは盛んに情報を発信し、特定の企業や個人を次々とやり玉にあげているのです。今週号では、トランプ氏のそんなツイッターへの投稿の数々をのぞいてみます。「初のツイッター大統領」と評するメディアもある中、トランプ氏の「指先介入」が世界を振り回す状況は、今後も続くのでしょうか。ツイッターの書き込みのルールや投稿の読み方を紹介しながら、トランプ氏の「つぶやき」をみていきましょう。

  • ◇Lisa’s Eye on Tokyo リサの東京案内

    東京在住のフォトグラファーで、大学で教鞭(きょうべん)を執るリサ・ヴォートさんが、東京の魅力を紹介するエッセー。毎回1カ所を選び、その街の歴史やみどころを伝えます。2020年の東京五輪・パラリンピックの開催に向け、英語で東京を案内するためのヒントがいっぱい。今回散策したのは、庶民的な雰囲気を保ちつつ、個性的な店も集まる中野です。今やサブカルチャーの聖地と呼ばれる場所の由来は? 世界でも珍しい「哲学」がテーマの公園とは? 多彩な魅力あふれる街を紹介します。

  • ◇Ema’s Kitchen

    食のスペシャリスト、小枝絵麻さんによる人気連載。「家族みんなが喜ぶ、手作り感あふれる料理」をテーマにお送りしています。バレンタインデーが間近の今回は、スイーツのレシピを紹介します。「クランベリークリームサンドクッキー」は、ちょっと大人向けの味。クリームのアレンジも可能だそうです。複数の写真が入り、わかりやすくなりました。英語(和訳付き)の手順を参考に、ぜひご家庭で試してみてください。

  • ◇Dear Annie

    新しい回答者にコラムニストのAnnie Laneさんを迎え、衣替えした人気コーナー。これまでに引き続き、現代の米国人が抱えるさまざまなお悩み相談に答えてもらいます。今回は「テレビ番組の好みが妻とまるで違う」といった相談2題を紹介します。

  • ◇ジュニア英語 Let’s go abroad!

    オーストラリアでホームステイする2人の子ども(健太と麻里)を主人公に、初めての海外体験を出発から帰国報告までカバーします。イラストを豊富に使い、役立つ表現を様々な場面別に取り上げていきます。困ったときにはバーチャル(仮想現実)のおじいちゃんとおばあちゃんが、助け船を出してくれます。今回は、社会科の授業です。様々な国について、英語で学びましょう。

好評連載

初級編・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  • ◆やさしい単語で寸劇! The Greenville Story

    米オレゴン州の架空の町、グリーンビルを舞台にした長寿連載。高校生のマリーや友人、家族らが、寸劇(スキット)練習にぴったりな日常会話を繰り広げます。米国の生活についてのミニコラムもあります。今回は、放課後に家から閉め出されたマリーが、雪の中、ハンナの家にやっとの思いでたどり着きます。

  • ◆On the Keyboard リレーエッセー

    3カ月ごとに筆者が代わる外国人による異文化エッセー。1月から3月までを担当するのは、米国出身で現在は東京在住のボブ・ワーリーさんです。即興コントを披露する日英バイリンガル劇団で役者を務め、映画やドラマ、CMにも出演。NHK基礎英語1でも登場人物の声を担当しています。日本の生活習慣にすっかりなじんでしまった筆者は、米国に帰った際に、「逆カルチャーショック」を受けたといいます。

中級編・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  • ◆英語で案内してみよう! 通訳ガイドのおもてなし指南

    ベテランの通訳ガイドが日本独特の文化や慣習、その背景にある歴史などを、外国人に分かりやすく説明するコツを伝授します。英語での案内に役立つ「おもてなし表現」や、「ガイドの場面から」と題した筆者自らの体験談も、ガイドを目指す人の参考になります。今回のテーマは、日本人の冬の生活を象徴する「こたつ」です。ある意味、郷愁をそそる暖房器具ですが、その仕組みや歴史を、どのように紹介したらよいでしょうか。

  • ◆Movies 最新映画の解説とシナリオ対訳

    今回、紹介する作品は、西部劇の最新作「マグニフィセント・セブン」です。黒澤明監督の名作「七人の侍」を西部劇化した「荒野の七人」を、さらにリメイクしました。解説によると、リメイクといっても、現在的な視点や感覚が採り入れられているといいます。19世紀後半、悪徳実業家に牛耳られた町を、個性豊かな7人が救おうと立ち上がります。デンゼル・ワシントンやイーサン・ホークといった名優も顔をそろえています。英語の脚本と日本語の対訳でお楽しみください。

上級編・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  • ◆Travel Seminyak, Bali, INDONESIA

    今回訪ねたのは、日本人にもなじみの深いリゾート地、バリ島です。その中でも旅の筆者は、比較的最近になって開発されたスミニャック地区を目指しました。コテージ型の宿やおしゃれなカフェ、ショップが立ち並び、ほかのエリアよりも落ち着きがあり、「洗練された雰囲気」だといいます。そこで筆者は、バリ伝統の文化に触れます。リゾートを一歩踏み出しただけで、地元の人たちの普段の暮らしぶりや、ヒンドゥー教の信仰を目にすることができるのです。そんなバリの魅力を紹介する写真の数々とともに、お楽しみください。

  • ◆News

    国内外の話題や大きなニュースを紹介するコーナーです。今週号は、トランプ新大統領がイスラム圏の国々からの入国を拒み、米国の内外に波紋が広がっているニュースのほか、米アカデミー賞の話題などをお届けします。

  • ◆デイビッド・セインのヘンな英語修理します

    これまで200冊以上の英会話本を世に送り出してきた英語教育界のカリスマ、デイビッド・セインさんが、日常生活の様々な場面で誤解を招きやすい日本人英語のミスを指摘して、正しい用法を伝授します。マイケルが会社の社員食堂で、同僚のユウタと雑談しています。共通の友人であるケンタのことが話題にのぼりますが、どうも話がかみ合いません。何が問題だったのでしょう。

  • The Asahi Shimbun Subscription Information

注目コンテンツ

  • ショッピング・旅行磁石でくっつくペンケース

    手帳やノートにペタリ

  • ブック・アサヒ・コムずっと描きたかったテーマ

    チンギス・ハーンの生涯を描く

  • 【&M】店主が狩猟、ジビエのカレー

    ビートイート(東京・喜多見)

  • 【&w】料理家・冷水さんの新連載

    冷水希三子の何食べたい?

  • WEBRONZA故翁長雄志氏の生き様

    今日の編集長おすすめ記事

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ