メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

12月12日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

10月8日号のお知らせ

  • Asahi Weekly

    スペイン・カタルーニャ州で独立問う住民投票

    今週号の表紙は、スペイン北東部のカタルーニャ州で10月1日に実施された独立をめぐる住民投票からの一コマです。スペインからの独立の是非を問うた投票では、独立賛成が90%を超え、プッチダモン州首相が勝利宣言をしました。一方で、中央政府のラホイ首相は、投票は違法との立場で、治安部隊が投票の阻止に動いて独立派と衝突。多くの負傷者が出ています。9月には中東のイラクでも、クルド人主体の自治政府が独立についての住民投票を行い、やはり独立支持が大勢を占めましたが、イラク政府はクルド側への圧力を強め、緊張が高まっています。「独立」をめぐり、世界が揺れています。

今週の注目記事

  • ◇Feature: シニアのダンス集団「カンパニー・オブ・エルダーズ」来日

    今週号の特集では、全員が60歳以上という英国のダンスカンパニーを紹介しています。ロンドンに拠点を置く「カンパニー・オブ・エルダーズ」で、このほど、彩の国さいたま芸術劇場(さいたま市)で開催されたシニア世代の芸術活動を奨励するワークショップに参加しました。メンバーのうち、79歳にして踊り続けるベッツィ・フィールドさんと、監督のジョス・ジャイルズさんがAWのインタビューに応じています。かつては若くして一線を退くことが多かったダンスの世界でも、「シニア」の活躍が目立つようになってきたといいます。なぜ彼らは、年齢を重ねても踊り続けるのでしょうか。

  • ◇Essay: Risa’s Journal  クロスカルチャーな毎日

    リサ・ステッグマイヤーさんによる人気エッセーです。米国と日本、両方の文化の中で育ち、バイリンガルタレントとして活躍してきたリサさんは現在、育児の真っ最中。2人の子どももバイリンガルに育てようと奮闘中です。さて今回のテーマは、ハロウィーンです。日本でも近年すっかり定着した感がありますが、リサさんには気になっていることがあります。いわく、「日本のハロウィーンは子どもが主役になっていない」。自身の子ども時代のハロウィーンの、楽しかった思い出も振り返ります。

  • ◇森住史の英語のアレコレQ&A

    NHKラジオ「入門ビジネス英語」でも講師を務めた森住先生の好評連載を、引き続きお楽しみいただいています。英語学習者からの質問に答える形で、英語の文法や語法などをめぐる素朴な疑問を、先生が分かりやすく解き明かします。今回寄せられた質問は、「手作りアイスクリームは handmade? それとも、homemade?」。英英辞典を使い、意味が似た言葉の違いを比較してみましょう。

  • ◇Novel: 「The Farmhouse on Windy Hill  風の丘の子どもたち」

    これまで「グレイハースト校」シリーズを連載してきたクリストファー・ベルトンさんによる新連載です。今回の物語の舞台は、スイス・ジュネーブ。街のはずれに、12人の子どもたちが集まって共同生活を送る小さな農園「ウィンディーヒル」があります。ここいるのは、様々な事情で家を出ざるを得なかった子どもたちばかり。最年長のケイトリン・ビューラーがリーダーを務めています。さて、いつものようにアルバイトを終えてレマン湖のほとりで休んでいたケイトリンは、見知らぬ少年を見かけます。彼にも何か事情がありそうです。イラストはジェイミー・ベルトンさんです。

好評連載

初級編・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  • ◆Say It Right  英語でどう言う?

    簡単に言えそうでもなかなか英語では言えない日常表現を、どんどんマスターしていきましょう。今週は「可能性・成功」に関係のある表現がテーマです。「幸運を祈る」や「玉のこしに乗る」を英語で言うには、どうしたらよいでしょう?

  • ◆100語で読むニュース  News in 100 Words

    100語程度の単語でコンパクトにまとめた初心者向けのニュースページです。新年度から取りあげる本数を増やしました。手厚いヒントがついているので、中高生の皆さんも挫折することなく読めるようになっています。先生方にとっては、教科書以外の副教材としても最適。日本語で読み慣れたニュースが英語でどう報じられているかを確認することもできます。ぜひ英文ニュースの入門編としてご活用ください。今週号では、東京・上野動物園のパンダの赤ちゃんに名前がつけられた話題や、江戸時代に発生したという「太陽フレア」をめぐる研究などについて取りあげました。

  • ◆句動詞 de 英作文

    英語の表現力を磨くコーナーです。句動詞とは、基本的な動詞と副詞や前置詞を組み合わせた用法のこと。難しい単語を駆使するのではなく、こうした基本的な単語を使いこなすことを狙って、英作文にトライしていきます。筆者は専修大学文学部教授の田邉祐司さん。目指すのは「普段着の英語表現」です。

中級編・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  • ◆Movies  最新映画のシナリオと対訳

    今週紹介する作品は、議員や官僚に働きかけて特定の政策を実行させる職業、ロビイストを描いた「女神の見えざる手」です。敏腕ロビイストとして活躍するヒロインのエリザベスのもとに、銃擁護団体から、銃規制法案を廃案に持ち込むために女性有権者の支持を集める仕事が舞い込みます。彼女はこれを断り、法案賛成の立場をとる小さなロビー会社に移籍。様々な策を駆使しますが、そんな彼女をわなが待ち構えていました。政治の舞台裏を息もつかせぬ展開で描く社会派ドラマを、英語の脚本と対訳でお楽しみください。

  • ◆英文ライティング道場

    毎月第2週に掲載される読者参加型のコーナー。与えられた課題の「和文英訳」に、読者の皆さんが挑戦しています。投稿作品は、大学で教鞭をとる2人の評者によって入念に添削・講評され、紙上で優秀者が発表されます。道場は新たな挑戦者も多く迎え、投稿者は120人を超えました。この連載は皆さんの書く力を試す絶好の機会ですので、ぜひ引き続きご参加ください。今回の題材は、バブル期にサラリーマンがこぞって買い求めたリゾートマンションのその後をめぐる新聞記事です。

  • ◆英語で案内してみよう! 通訳ガイドのおもてなし指南

    ベテランの通訳ガイドが日本独特の文化や慣習、その背景にある歴史などを、外国人に分かりやすく説明するコツを伝授します。英語での案内に役立つ「おもてなし表現」や、「ガイドの場面から」と題した筆者自らの体験談も、ガイドを目指す人の参考になります。今回のテーマは、海外でも広く知られた日本の芸術「浮世絵」です。歴史をたどりつつ、浮世絵がいかに西洋の芸術にも影響を与えたかを英語で解説してきます。

上級編・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  • ◆Travel: Mount Etna, ITALY

    今回の旅の目的地は、イタリア南部のシチリア島。中でも最大の目的は、ヨーロッパ最大の活火山であるエトナ山の登山です。近年も大きな噴火が報じられていますが、登山ツアーの参加者には靴やダウンジャケットなどが用意されるなど、エトナ山は手軽に楽しめる人気の観光スポットのようです。ドラマチックな光景を期待した旅の筆者の「火山体験」に耳を傾けましょう。また、登山の玄関口となる街、カターニアはユネスコの世界遺産に登録されたシチリアの8都市の一つで、火山岩を建築に使ったバロック様式の街並みが楽しめます。周辺にはほかにも、見どころ満載の街がいくつもあるそうで、筆者はさらに足を延ばすのでした。印象的な写真の数々とともに、旅行記をお楽しみください。

  • ◆Business News  ~ニュースで学ぶ経済英語~

    経済やビジネスに関するニュースを取り上げます。毎月第2、4週に、株式、為替、景気、財政、企業戦略、新商品・サービス、IT(情報技術)など、国内外で起きた注目の報道を選んで、ヒントつきでお届けします。社会人をはじめ、就職活動中の学生の方々も必読です。「経済英語」には難しいイメージがありますが、背景知識があればニュースの理解度がグンとアップします。独特の用語や言い回しを学びながら、グローバル社会で通用する英語力を身につけましょう。今回は、掃除機で有名な英ダイソンが電気自動車に参入するニュースに加え、欧州の鉄道車両製造大手同士の合併の話題を紹介しています。

  • ◆Weekly Picks  米プロスポーツで広がる国歌斉唱中の不起立

    フィーチャーストーリーや、ニュースを深く掘り下げた分析記事を紹介するコーナーです。今回は、米国のプロスポーツで、国歌斉唱中の抗議行動が広がっているという話題です。ある有名なアメリカンフットボールの選手が昨年、黒人青年に対する警官の暴行事件に抗議し、国歌斉唱中に起立しなかったことがことの発端でした。今年9月、トランプ大統領が「国歌や国旗を敬わない者はクビだ」などと扇情的な発言をしたことを受け、アメフトだけでなく、大リーグなどほかのスポーツにも抗議行動が拡大したのです。こうした抗議には賛否両論が寄せられています。また、トランプ氏の発言のせいで「焦点が本来の人種差別問題からずれてしまった」と嘆く声も出ているそうです。

お知らせ一覧

  • The Asahi Shimbun Subscription Information

注目コンテンツ

  • ショッピング・旅行磁石でくっつくペンケース

    手帳やノートにペタリ

  • ブック・アサヒ・コム最後の長編小説と思っている

    「今度生まれたら小説家に…」

  • 【&M】劇団ひとりはなぜ天才?

    テレ東・佐久間Pが語る天才論

  • 【&w】りんごのバターソテー

    高橋 良枝、日々の野菜帖

  • WEBRONZA苦悩する連合 どこへ行く?

    歴史から考える「これから」

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ