メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

01月29日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

11月7日号のお知らせ

  • Asahi Weekly

    ジュネーブ音楽コンクール、上野さんV

    ジュネーブ国際音楽コンクールのチェロ部門の最終選考があり、上野通明(みちあき)さんが優勝しました。同部門で日本人が優勝するのは初めて。5歳からチェロを始め、13歳の時に「若い音楽家のためのチャイコフスキー国際音楽コンクール」で日本人として初優勝を飾りました。7日号の表紙は、上野さんの演奏する姿です。

PR情報

今週の注目記事

  • ◇Special: 読書で英語力肥ゆる秋

    英米文学の原書を読もうとして挫折した経験はありませんか? かなりの英語力と忍耐が必要なので、いきなり挑戦してもなかなかうまくいかないのです。入門にぴったりの書籍や購読のポイントを紹介します。

  • ◇Movies: アンテベラム

    タイトルは「南北戦争前の」という意味。米国の汚点といえる奴隷制度にメスを入れ、今もなおその差別思想が社会の底流にあることを示唆する映画です。奴隷として不当な扱いを受ける黒人女性と、黒人差別撤廃を訴える著名な社会学者の二役をジャネール・モネイが演じます。対照的な二人の黒人女性に起こる悲劇と衝撃のラストに、驚きを隠せません。

  • ◇Travel: 東北の露天風呂で癒やされる

    米国出身である今週号の筆者の趣味は温泉めぐり。近年訪れた東北の温泉のうち、特に心に残った選りすぐりの場所を紹介します。

好評連載

初級編・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  • ◆100語で読むニュース

    初級者向けにコンパクトなニュースを紹介するコーナーです。語句を解説するヒントも充実しており、英文ニュースの入門編としておすすめです。今週号は、英エリザベス女王が「今年の高齢者」受賞を辞退▽米オハイオ州、ナンバープレートで大失敗▽マドリード中心部を埋める羊の群れ復活▽デビューから40年のデュラン・デュランが15作目のアルバム――の4本のニュースをお届けします。

  • ◆Phrase It Right 句動詞で話そう

    口語英語の宝庫と言われる「句動詞」を、実用性の高い例文を使ったクイズ形式で学びましょう。句動詞とは、「動詞+前置詞」または「動詞+副詞」で構成され、ひとつの動詞として機能する熟語(イディオム)のこと。ラテン語やギリシャ語系の高尚な単語も重要ですが、基本動詞を使いこなすことが表現力アップにつながります。tolerate(耐え忍ぶ)⇒ put up with、confiscate(取り上げる)⇒ take away、acquiesce(黙諾する)⇒ give in のように、日常会話では同じ意味を表す別の難しい動詞があっても、句動詞の方が好まれます。英字新聞の記事にも頻出し、大学入試や各種検定試験対策にも有益です。

  • ◆Listen & Write  英語耳を鍛えよう

    無料アプリ「朝日コネクト」や朝日ウイークリーのウェブサイトで音声を聞きながらディクテーション問題に取り組めます。今年始まった大学入学共通テストの英語ではリスニング重視の傾向が鮮明になり、1回で聞き取れる能力が求められています。今週号のテーマは「蔡総統、台湾製のワクチン接種」です。

  • ◆The Greenville Story やさしい単語で寸劇!

    米オレゴン州の架空の町、グリーンビルを舞台にした長寿連載です。高校生のマリーや友人、家族らが、寸劇(スキット)練習にぴったりな日常会話を繰り広げます。今週号では、マリーがアンジーと食料品店でばったり出会い、アンジーのイヤリングをほめます。

  • ◆On the Keyboard: リレーエッセー

    3カ月ごとに筆者が変わるリレーエッセーです。10~12月は、両親が中国出身でイタリア北西部ロンバルディア州生まれ、英スコットランドで学んでエディンバラ大学を卒業したジュゼッペ・リーさんのエッセーをお届けします。2019年に来日し、今年9月に東京工業大学大学院修士課程を修了しました。立ち食いそばで手早く食事を済ますことが多いというリーさんですが、イタリアの生まれ故郷にもそば粉を使った特産のパスタ料理があるそうです。

  • ◆シミケンの英単語使い分け講座

    KEN’S ENGLISH INSTITUTE 代表の清水建二さんが、名詞を中心に意味がよく似た単語の使い分けを解説します。冒頭にはクイズを用意し、各単語の特徴を説明しながら正解を示します。語源に関する簡潔な記述もあるので、単語の成り立ちを理解するのに便利です。記事の最後では、例文を通して取り上げた単語の違いが理解できるようになっています。今週号では「同僚、仕事仲間」を示す単語の使い分けを説明します。

中級編・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  • ◆Lisa’s Wanderings Around Japan: 吉野ケ里遺跡(佐賀県)

    世界を旅するフォトグラファー、リサ・ヴォートさんが、日本各地を訪れ、それぞれの土地の隠れた魅力やゆかりの人物を、独自の視点で紹介します。コロナの流行が一段落しインバウンドの旅行者が戻ってきたら、英語で景勝地を外国人に説明するのに役立ててください。今回訪れたのは、佐賀県北東部にある吉野ケ里遺跡。弥生時代の環濠(かんごう)集落跡です。

  • ◆デイビッド・セインのこれを英語でどう言うの?

    英語学習書を数多く執筆してきたデイビッド・セインさんが、日本語ならではの決まり文句を文脈に応じてどう英訳したらよいかを解説します。毎回テーマとして採り上げる表現を「英訳のポイント」「日本語でアドバイス」「翻訳例と解説」の順で学びます。最後に実践に即した「応用問題」で英訳のポイントが再確認できるようになっています。今週号のテーマは「念のため」です。

  • ◆POSTCARDS FROM A BILINGUAL FAMILY

    米国人の夫を持つイラストレーター田村記久恵さんによる、バイリンガル家庭の漫画エッセーです。今週号では、2カ国語が飛び交う田村さんの家庭では、実際にどのように会話がやりとりされるのかを解説します。

  • ◆Every BENTO Tells a story: 岡山風とりめし

    日本が世界に誇る昼食文化「弁当」に関するコラムです。6年前から動画やSNSで弁当づくりを公開してきた食メディア代表の多田千香子さんが、フランスやインドで暮らした経験などを交え、食に関する豆知識とともに、見栄えが良くておいしい弁当作りを紹介します。各回、英語によるレシピ動画もついています。今回は、岡山出身の筆者にとって思い出深い、ご飯のうえに鶏肉の唐揚げを載せた「岡山風とりめし」を紹介します。

  • ◆Scatterbrain Diary

    TBSラジオでパーソナリティーを務める翻訳者・通訳者のキニマンス塚本ニキさんによる日英バイリンガル・エッセーです。日本とニュージーランド両方の文化背景を持つニキさんが、身の回りのことから社会問題まで鋭い切り口でお届けします。今週号は、今はやりの断捨離を進めることの難しさについて語ります。

  • ◆Novel: Tote Bag and Diamonds ダイヤの謎

    英国出身で日本在住の小説家クリストファー・ベルトンさんの連載小説です。主人公のロビン・ネルソンは田舎からロンドンに出てきた大学生。一人暮らしを楽しんでいます。夏休みも帰郷せずにぶらぶらしていたら、シンディーという若い女性と出会いました。どうやら彼女は、本人が気づかぬうちに大きなトラブルに巻き込まれているようです。

  • ◆英文読解 それってどんな意味?

    辞書の訳語を「平行移動」して英文に当てはめただけでは真に英語を理解したとは言えません。辞書の語義はその単語のごく一部の姿でしかないのです。文学作品からニュースまで豊富な素材を使いながら、直訳ではなく自然な日本語を重視した意訳のコツを伝授します。筆者は東京大学名誉教授の山本史郎さんです。今回のテーマは「ていねいな説明に努めます」です。

上級編・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  • ◆News

    台湾の蔡英文総統が、米軍による台湾軍の訓練支援を認める▽世界の二酸化炭素濃度、排出量削減でも過去最高更新▽被団協の坪井直さん死去――をお届けします。

  • ◆Topics

    豪州奥地のまちが実質無料で土地の提供を決めたところ、世界中から移住希望者の問い合わせが殺到したという話題と、海洋探検家ジャック・クストーの伝記映画が公開される話を紹介します。

  • ◆Weekly Picks: かつての中台衝突の舞台・金門島はいま

    中国本土からわずか数キロ。台湾海峡に浮かぶ金門島からは、中国本土の廈門のビル群が指呼の距離に見えます。かつて中台衝突の舞台となったこの島の住民の目には、中台の緊張が再び高まる現状はどのように映っているのでしょうか。

お知らせ一覧

  • The Asahi Shimbun Subscription Information

PR注目情報

注目コンテンツ

  • 写真

    【&M】魅力ある個性的な車を特集

    ヒノキの香り、充実キッチン

  • 写真

    【&Travel】行っておきたい「最後」の湯

    ニッポン銭湯風土記 番外編

  • 写真

    【&Travel】歴史にほんろうされた国

    ポルトガル「サウダーデ」な旅

  • 写真

    【&M】“味わう”感覚で演歌を聴く

    コロナ禍の今、心に染みる一節

  • 写真

    【&w】気分に合わせて楽しめるお茶

    &プレゼント

  • 写真

    好書好日本屋大賞候補で注目の作品は

    「六人の嘘つきな大学生」評

  • 写真

    論座普通過ぎた海部元首相の実相

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジン12色セットで販売する

    オリジナルのロングホーズ

  • 写真

    Aging Gracefully「買う」よりも「シェア」

    暮らしやすい世の中を築くこと

  • 写真

    GLOBE+ニューヨーク特産だったカキ

    復活のプロジェクト

  • 写真

    sippo愛犬2匹と向き合い、信じる

    悩んで学んだ末に手にした幸せ

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ