ATM(現金自動出入機)が、現金を調達したり使ったりする方法に変革の到来を告げてから50年経ち、世界で初めて導入された銀行のATMが、誕生50周年を記念して金色に塗られた。

 スコットランドのジョン・シェパード=バロン氏が発案した初のATMは、1967年6月27日にロンドン北部のエンフィールドにあるバークレイズ銀行の支店に設置された。この端末は、同行が稼働させた6台のうちの1台目だった。

 今日では、世界に推定300万台が存在する。最北端はノルウェーのスヴァルバール諸島にあるロングヤービーエン、最南端は南極のマクマード基地に設置されている。