銀行のATMの修理をしている間に閉じこめられた場合、最も大変なことの一つは、お金を下ろしにやってきた人たちに、機械の中で身動きが取れなくなっていることを分かってもらうことだと、テキサスの修理工は知った。

 警察によると、携帯電話を車に置き忘れたこの技術者は7月12日、約3時間のあいだ、叫んだり助けを求めるメモをATMの明細書放出口を通して出したりしたが、大部分を無視された。

 「どうか助けてください。この中に閉じこめられています。携帯は持っていないのです。上司に電話をしていただけませんか」。メモの一つにはこう書かれていた。

 「ほとんどの人が、冗談だと思ったんです」と警察の女性広報官は話した。客の一人がメモを警察に見せたことで、その後男性は救出された。