亡くなった人に死に装束を施す古来の技能を競うコンテストで、23歳の納棺師が優勝した。コンテストは、国内最大の葬儀博覧会(「エンディング産業展」)で8月24日に行われた。

 「このコンテストに備えて毎日練習しました」。決勝に残ったほかの3人の候補者と競い、優勝した寺井梨乃さんは笑顔で話した。

 4人は、ステージ上の布団に寝かされた、生きているボランティアの人たち(遺体モデル)に衣服を着せた。所作の美しさや、遺体の肌を過度に露出させずに服を着せる技術などを審査された。

 「動画を撮影し、『これは美しく見えるかな、ご遺体を丁寧に扱っているかな』と自分に問いかけながら技術を改善しました」と寺井さんは話した。