炎の海から抜け出したと思ったら、お次はフライパンの中へ。

 今年初めイングランド南西部で起きた火災で救助された幼い豚たちが、その救助者たちにソーセージとしてふるまわれた。消防士たちの尽力に感謝の気持ちを示したかったという農家による計らいだ。

 18匹の子豚と2匹の雌豚は2月、ロンドン西部に位置するミルトン・リルボーンの農場で起きた火災から救出された。豚たちが食肉用に解体されたとき、農家のレイチェル・リバーズさんは、感謝の意を示すために消防士たちにソーセージをおすそ分けするのがふさわしいと言った。

 「ソーセージをいくらか持って行くって彼らに約束したのよ」。

 消防署の広報官は「すばらしい味だった」と話した。