東京駅近くのとあるオフィスのドアを開けると、動物のモー、メーという鳴き声が聞こえてくる。

 人材派遣大手のパソナグループは、酪農における人材育成事業をPRしようと、本社が入るビルの13階に牧場を開設した。

 広さ約1千平方メートルのフロアを占める「大手町牧場」は、牛やヤギ、アルパカなど8種類の動物を飼育している。

 一般公開はされないが、食育に関するセミナーや酪農に関する講座などを開き、参加者に動物と触れ合ってもらう。