イリノイ州スプリングフィールドにあるエイブラハム・リンカーン大統領図書館・博物館を支援する財団が、映画スターのマリリン・モンローが所有していた黒いドレスを売却する。借金を返済したり、大統領の遺品の一般公開を継続したりするための資金を集めるのが目的。

 財団は、6月23日にラスベガスで催されるオークションに9品を出品する予定。競売会社のジュリアンズオークションは、(モンローに対する)アジアでの高い関心を引き合いに出して、羊毛製のドレスは6万ドル(約665万円)以上で売れることを見込んでいる。

 財団は、2007年にリンカーン所有とされる品物を購入するために借金したことで、約1千万ドルの負債を抱えている。これらの遺品には、リンカーンが暗殺された夜にはめていた血の付いた手袋と直筆の書き込みがある1824年の本が含まれている。