(米国ミネソタ州)セント・ポールのビジネス街にある25階建てオフィスビルを登り切り、インターネット上で大きな話題となったアライグマが6月13日、無事捕らえられ、自然に戻された。

 このアライグマはUBSプラザビルの屋上で捕獲された後、薄汚い様子だったものの、健康状態は良好だった。その後、州郊外の雑木林に放された。

 6月12日、アライグマがビルの頂上まで登り切ると、ソーシャルメディアはその冒険の話題で持ちきりとなった。当初の推測では、アライグマは鳥の巣の卵を探して建物の下層部分に登ったというものだった。一部の労働者らが下方へおびき寄せようとしたのが、結果的におびえさせることとなり、アライグマがさらに上へと登ることになったのではないかと見られる。