インドネシア中部で、体長7メートルのニシキヘビが女性をのみ込んだ。6月16日に、村の当局者が発表した。

 被害者は54歳のワ・チバさんで、14日に南東スラウェシ州ムナ島の自宅のある村近くの野菜畑を見に行っていて行方不明になった。

 翌15日、家族が畑に捜しに行くと、彼女の持ち物だけが見つかった。村人たちは、その50メートルほど先に膨らんだ腹をしたヘビを見つけた。彼らはヘビを殺し、それをかかえて村に戻った。

 「ヘビの腹を切り開くと、チバさんの体がまだ完全な状態で見つかった」と当局者は話した。「彼女は頭から飲み込まれた」

 インドネシアでニシキヘビが人を襲うのは、2017年3月以来のことだった。