レースのスターターが、立ち上がって叫んだ。「位置について、用意、ゆっくり!」。観衆は声援を送ったが、出場者はスタートラインで動かないままだ。世界カタツムリレース選手権にようこそ。

 150匹以上のカタツムリが、7月21日に英国東部のノーフォーク州で行われたイベントに参加した。レタスの葉を詰めた銀の大型ジョッキが賞品だ。

 カタツムリは、三つの同心円が描かれた濡れた布の上に置かれ、外側の円まで33センチの距離を競う。

 大会は1960年から行われており、各レースは数分続く。

 「トレーニング用の坂を持っているし、えさには気をつけている。ドーピング検査にも合格しているよ」と、カタツムリを出場させたジョン・マクリーンさんは答えた。