メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

01月20日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック

イベント情報

  • 「名作誕生-つながる日本美術」展 「だれもが知る」が勢ぞろい (1/5)

    日本美術史上に「名作」として燦然(さんぜん)と輝く幾多の作品たち。これらがどのように生まれてきたのか、その関係や共通する背景に着目して紹介する展覧会「名作誕生―つながる日本美術」。朝日新聞創刊140年と、朝日新聞社が長年発行を支援してきた美術雑誌「國華(こっか)」の創刊130年を記念する特別展として企画された。 [全文]

  • プーシキン美術館展 心が旅するフランス風景画 (1/5)

    モスクワのプーシキン美術館からフランス風景画の名作の数々が来日する。展覧会は17世紀から20世紀までの風景画の流れを、「旅」の視点を交えてたどってゆく。画家が旅先で筆を走らせた絵、空想にもとづく神話の風景、近代化によって変わりゆく都市の景観、エキゾチックな異国の景色など油彩65点。なかでも一押しは、印象派の巨匠クロード・モネが20代半ばで描いた「草上の昼食」。日本初公開だ。 [全文]

  • ムンク展  あの「叫び」がやってくる (1/5)

    「叫び」で知られる近代絵画の巨匠、エドバルド・ムンク。1863年、ノルウェー生まれ。家族の死や恋愛の経験などから、力強い筆遣いと鮮やかな色彩で、人間の内面に渦巻く感情を表現した。本展ではオスロ市立ムンク美術館の所蔵品を中心に、初期から晩年までの約60点の油彩画を核として紹介する。 [全文]

講演・シンポジウム・セミナー

朝日新聞社の賞・コンクール

募集・その他

《朝日新聞社の通販》朝日新聞 SHOPより

    • 朝日新聞 SHOP

朝日新聞イベント

イベント情報について

映像商品や展覧会図録について