大ヒットアニメ「エヴァンゲリオン」の魅力を解き明かす初めての本格的な作品展が全国を巡回中です。

 総監督の庵野秀明氏および製作会社のカラーが監修する本展では、「新劇場版」シリーズ最新作の「Q」を含む貴重な生原画や設定資料の約300点が初公開。さらには、画コンテやレイアウト、原画や動画など1000点を超える膨大な資料で最先端の映像が生み出される過程を丁寧にひもときます。

 また、本田雄氏による本展描き下ろしのイラストを基に、アヤナミレイ(仮称)の等身大フィギュアを制作し会場内に展示するなど見どころ満載です。

 その他にも描き下ろしイラストを使った文具や雑貨、特製フィギュアなどのグッズも多数販売しています。

 来場者が15万人を超えた東京を皮切りに全国を回る本展では、各開催館ごとの展開も見どころの一つ。ご当地グッズやイベントなど、何度でもエヴァンゲリオンの世界を堪能できる仕掛けを用意して、みなさんの来場をお待ちしています。

<エヴァンゲリオンとは>

 「エヴァンゲリオン」は、1995年にテレビシリーズの放映が始まり、2007年からは長編アニメーション映画「ヱヴァンゲリヲン新劇場版」シリーズがスタート。第1部「序」、第2部「破」に続き、2012年秋に公開された第3部「Q」では、さらに進化した映像表現とファンの予想を超えるストーリー展開が話題となり、最終的に動員380万人、興行収入52億円を超す記録的なヒットとなりました。

 本展では初公開となる「新劇場版」シリーズの貴重な生原画や設定資料の展示を中心に、碇シンジや綾波レイらの人気キャラクターや、壮大なスケールの物語を鮮やかに振り返ります。また、テレビシリーズのセル画や貞本義行氏が描いた漫画の複製原稿も展示し、作品の誕生から現在までの歴史も紹介します。

 完結編となる第4部「シン・エヴァンゲリオン劇場版」の公開に先立ち、ファン待望の展覧会が幕を開けます。

■エヴァンゲリオン展

▽下記会場を巡回予定▽

大阪会場:2014年6月25日(水)~7月14日(月)大阪・阪急うめだギャラリー

横浜会場:2014年7月19日(土)~9月7日(日)横浜・そごう美術館

香川会場:2014年10月10日(金)~11月24日(月・祝) 高松市美術館

山口会場:2014年11月29日(土)~2015年1月12日(月・祝) 山口・宇部市ときわ湖水ホール

熊本会場:2015年2月28日(土)~2015年4月12日(日)

※巡回会場により展示構成や点数が変更になる場合がございますので、あらかじめご了承ください。

主催:朝日新聞社など

監修:庵野秀明、カラー

協賛:サンエムカラー

アートディレクション:祖父江慎