約50万点もの作品を所蔵する、世界屈指の美の殿堂・ボストン美術館。その中からえりすぐった80点を展示する「ボストン美術館の至宝展」が10月9日まで東京・上野の東京都美術館で開催されています。「古代エジプト美術」「中国美術」「日本美術」「フランス絵画」「アメリカ絵画」「版画・写真」「現代美術」の七つの章から構成。古今東西の作品を集めた総合的な展示は、日本では実に約40年ぶりとなります。

 目玉作品の一つは、ファン・ゴッホの傑作、ルーラン氏とその妻の肖像画。ルーランは、ゴッホが南仏アルルで出会った数少ない友人の1人で、ゴッホは一家の肖像画を20点以上描きました。夫妻の絵が2枚同時に展示されるのは、日本では初めてとなります。

 日本美術では、江戸時代の絵師、英一蝶が描いた巨大涅槃(ねはん)図が注目です。高さ約2.9m、幅約1.7mにも及ぶ仏画は約170年ぶりに本格的な解体修理が行われ、今回、初里帰りを果たしました。

 ボストン美術館は、1876年の開館以来、国や州の財政的援助を受けずコレクションの拡充を続け、現在、世界有数となる約50万点を所蔵しています。本展はこの素晴らしいコレクションの形成に貢献したコレクターやスポンサーの活動にも光を当てています。

■ボストン美術館の至宝展-東西の名品、珠玉のコレクション

■会期:2017年7月20日(木)から10月9日(月・祝)

■会場:東京都美術館(東京都台東区上野公園8-36)

■開室時間:午前9時30分~午後5時30分(金曜は午後8時まで、7月、8月の金曜は午後9時まで)※入室は閉室の30分前まで

■休室日:月曜、9月19日(火)

■観覧料:一般1,600円、大学生・専門学校生1,300円、高校生800円、65歳以上1千円、中学生以下無料

■問い合わせ:ハローダイヤル(03-5777-8600)

主催:東京都美術館(公益財団法人東京都歴史文化財団)朝日新聞社、テレビ朝日、BS朝日

後援:アメリカ大使館

特別協賛:第一生命グループ 第一生命、第一フロンティア生命、ネオファースト生命

協賛:セコム、凸版印刷、三菱商事、アトレ、竹中工務店

協力:日本航空、日本貨物航空

▽本展は以下の会場へ巡回します

2017年10月28日(土)~2018年2月4日(日) 神戸市立博物館

2018年2月18日(日)~7月1日(日) 名古屋ボストン美術館