ランド・オブ・アロハ展 ヴィンテージアロハが誘うハワイへ 2010年8月3日から22日、東京・玉川高島屋ショッピング・センター西館1階 アレーナホール

アロハデザインの魅力
お宝アロハ大集合
日本人とアロハの絆
アロハが結ぶハワイアンカルチャー
ショップ&イベント
開催概要・アクセス・料金

ALOHA! この夏、東京・二子玉川に本物のハワイがやってきます。広大な太平洋の真中にある常夏の島ハワイ。ちょうど200年前のカメハメハ大王によるハワイ統一以降、多くの移民と他国の文化を受け入れ、固有の文化を作り上げた奇跡の島とも言われます。そんなハワイの寛大でオリジナリティ溢れる心“アロハスピリッツ”のシンボルといえばアロハシャツ。なかでも1960年以前に作られたヴィンテージアロハシャツのデザインとモチーフには、そのすべてが詰まっています。本展は、ヴィンテージアロハシャツを展示の中心としながら、音楽、踊り、食べ物などでも直接ハワイの文化に触れることができるイベントです。アロハスピリッツを体いっぱい味わってください。知られざるハワイに出合えるはずです。

アロハデザインの魅力

 アロハシャツは柄のデザインで大きく5つに分けられます。違いが分かれば、ヴィンテージアロハシャツ鑑賞が一段と楽しくなります。

オールオーバー・パターン
オールオーバー・パターン
シャツ全体に一定の絵柄が繰り返されるデザイン
ホリゾンタル・パターン
ホリゾンタル・パターン
絵柄の上下を明確に、ハワイらしい雄大さを表現したパターン
ボーダー・パターン
ボーダー・パターン
花や波模様などの模様を縦方向のライン状に配するデザイン
バックパネル・パターン
バックパネル・パターン
背中一面をキャンバスに見立て、一場面を描いたデザイン
ピクチャー・プリント
ピクチャープリント
写真のようなプリントパターンで構成するデザイン
画面上へ

お宝アロハ大集合

 現在オークション等で最高値がつけられている「百虎」や、最古のアロハシャツのひとつとされる「キモノ・デザイン」など、希少で価値あるヴィンテージアロハシャツを惜しみなくお披露目します。

キモノ・デザイン
KIMONO DESIGN
1936年
百虎
THE HUNDRED TIGERS(百虎)
1950年代前期
キングズファミリークレスト
KING'S FAMILY CREST
1940年代後期
画面上へ

日本人とアロハの絆

ランド・オブ・アロハ

 アロハシャツの発祥には日本人が深く関わっており、黎明期のアロハシャツは和風の柄が中心であったという意外な事実があります。着物と和柄のアロハシャツの比較展示や同時代の資料で、日本とハワイの知られざる絆について紹介します。

「ランド・オブ・アロハ」の絵刷り

 「ランド・オブ・アロハ」(写真左)は、フラやウクレレなどハワイの多彩な文化や生活の様子をふんだんにデザインに盛り込んだ本展を象徴するアロハシャツです。当時から高い人気を誇ったこのシャツの生地が、友禅の技法を使って日本で染められていたことを示す貴重な資料も見つかっています。

「ランド・オブ・アロハ」の絵刷り。裏には日本語で工程が書かれている

画面上へ

ALOHAが結ぶハワイアンカルチャー

 アロハシャツとともに“着られる絵ハガキ”として、ハワイの文化を世界へ広めてきたハワイアンドレスや、歴史的なハワイアンキルトを展示するほか、すっかり人気が定着したフラを紹介するコーナーもあります。

フラ HULA

歌やダンスの総合芸術としてすっかり日本に定着、最近はカヒコ「古典フラ」も人気!
音楽 MUSIC

ゆったりとした気分になれるハワイ音楽に欠かせない楽器ウクレレは格好のモチーフに。
サーフ SURF

アロハシャツ同様、ハワイから世界へと広まった。先達デューク・カハナモクの名はシャツブランドにも。
ドレスとキルト DRESS&QUILT

移住した宣教師の夫人らが伝えたドレスやキルトはハワイ独自の発展を遂げた。写真はヨーロッパ調のドレスからハワイらしく変化したホロ・ムー(1950年代前期)。

*以上すべてのアロハシャツとドレスはSUN SURF(東洋エンタープライズ株式会社)蔵

画面上へ

ショップ&イベント

 ハワイ気分を満喫できるイベントも多数開催!

ショップ
マウナケアロゴ
「ランド・オブ・アロハ」柄ほかヴィンテージ柄の復刻シャツや、アロハの生地が表紙の展覧会図録を数量限定で販売。
ショップ
会場内の植栽を展示協力しているレインボーガーデンのハワイアン・プラントも購入できます。
プルメリアデンファレグリーン
フード
ロコモコKCドライブインロゴワッフルドッグ
左から、ロコモコ、KCドライブインのロゴ、同店のワッフルドッグ(写真はイメージです)
ロコモコなどおなじみのハワイアンフードのほか、現地KCドライブイン(05年閉店)の幻のワッフルドッグも登場!
イベント&ワークショップ
HAPA
©RUBEN CARILLO
●ハワイミュージックシーンのリーダー「HAPA」来場
日時:8月3日(火)15時〜
絶大な人気を誇るハワイのトップアーティスト、バリー・フラナガンとネイサン・アウェアウのギターデュオ「HAPA」がミニコンサートを開催します。
アリアナ・セイユ
©KUNI NAKAI
●フラのプリンセス、アリアナ・セイユ来場
日時:8月16日(月)15時〜
※当日整理券(着席券)50枚を次の要領で配布します。
 ・当日午前11時から会場入り口で配布します。人数に達し次第配布を終了致します。
 ・整理券は一人1枚、ランドオブアロハ展入場券(使用済み券可)をお持ちの方に限ります。
 ・整理券をお持ちでない方もお立ち見いただけますが、混雑状況によりご観覧制限をさせていただきます。ご了承ください。
2009年にミスハワイUSAにもなった舞姫が魅惑のフラを踊ります。
山内雄喜
●ハワイアンミュージックの第一人者、山内雄喜のトーク&ライブ
日時:8月17日(火)15時〜(約45分間)
※申し込みは不要ですが、聴講には展覧会入場券が必要です。

本展には、アロハシャツのモチーフでもあるウクレレやギターのほか、100年以上前の楽譜やレコードジャケットなど山内さん所有の貴重な史料も展示しています。これらを間近に解説を聞き、山内さんの演奏で楽器の音色も確かめられるトークイベントです。
●ワークショップ
開催日時:会期中の木、金曜日(8月5、6、12、13、19、20日) 11時〜17時
※お好きな時間にお越しください。
参加料:1000円〜1800円(材料費、消費税込み)
講師:大塚貴代先生 ほか(HQJA ハワイアンキルト日本アソシエイト)
ハワイアンキルト、リボンレイ、ストローレイを一緒につくりませんか?お子様のご参加も大歓迎!

→より詳しい情報はこちら(カンバセーションのサイトへ)

画面上へ

開催概要・アクセス・料金

名称
ランド・オブ・アロハ展 〜ヴィンテージアロハが誘うハワイへ〜
期間
2010年8月3日(火)〜8月22日(日) 20日間
時間
10時〜21時(入場は20時30分まで)
会場
玉川眦膕娃咫Γ 西館1F アレーナホール
(東京都世田谷区玉川3−17−1、東急田園都市線/大井町線 二子玉川駅前)
入場料
一般 700円、 大学生・シニア(60歳以上) 500円、高校生以下 無料
お問合せ先
玉川眦膕娃咫Γ イベント係 TEL: 03-3709-2222(代)
主催
玉川眦膕娃咫Γ /朝日新聞社
後援
ハワイ州観光局
制作協力
カンバセーション
協力
東洋エンタープライズ、レインボーガーデン
画面上へ
画面上へ
ニュースの詳細は朝日新聞へどうぞ。購読の申し込みはインターネットでもできます。
asahi.comに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
| asahi.com | 朝日新聞社会社案内 | 朝日新聞社のイベント情報 | 個人情報 | 著作権 | リンク | 広告掲載 | お問い合わせ・ヘルプ |
Copyright The Asahi Shimbun Company. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission
アサヒ・コムへ