新着&更新情報
【2007/06/13】
「ドイツ映画祭2007」は終了いたしました。
会期中は、多数のお客様にご来場いただき、誠にありがとうございました。映画祭カタログはネットショップ「朝日イベント・プラス」でご購入いただけます。
【2007/06/06】
ゲスト情報
ドイツ映画祭2007来日ゲストに俳優1名追加!詳しくは、「ゲスト情報」をご覧ください。
【2007/06/05】
外国語字幕付き作品情報を追加
外国語字幕付き作品情報を追加しました。詳しくは、「上映スケジュール」をご覧ください。
【2007/06/01】
映画祭カタログを、会場とインターネットで販売
本映画祭オリジナルのカタログ(1500円)を、会場とネット販売「朝日イベント・プラス」で販売します。上映作品の詳しい解説のほか、ドイツ映画に関するエッセイ4本や監督たちへのオリジナルインタビューなど、充実の内容。詳しくはこちら
【2007/05/23】
ゲスト情報
ドイツ映画祭2007の来日ゲストが決まりました。詳しくは「ゲスト情報」をご覧ください。
【2007/05/02】
上映作品のタイトルの変更について
チラシなどで当初『4minutes(原題)』としてお知らせしていた作品の邦題が、『4分間のピアニスト』に正式決定しましたので、今後この邦題でお知らせします。
【2007/05/01】
ルビッチ3作品の演奏について
ルビッチの『パッション』『花嫁人形』『白黒姉妹』の3作品は、ヴァイオリン奏者のサブリナ・ハウスマンが加わり、ピアノとヴァイオリンの演奏付き上映になります。
【2007/04/23】
ホームページ、アップしました。
日本未公開の最新のドイツ映画12本を一挙上映!
「日本におけるドイツ年」の公式企画として始まった「ドイツ映画祭」は、日本の観客に支持され、今年で第3回を迎えます。今回は新作12本に加え、昨年の映画祭で好評を博したエルンスト・ルビッチのサイレント映画を今年はピアノとヴァイオリンの演奏付きで上映します。ドイツ映画の現在と過去をお楽しみください。
DVD、映画祭カタログ発売中
過去の映画祭で上映された作品のDVDを発売中です。
「ドイツ映画祭2005」上映作品
「アグネスと彼の兄弟」
「アグネスと彼の兄弟」
「白バラの祈り〜ゾフィー・ショル、最期の日々」
「白バラの祈り
〜ゾフィー・ショル、最期の日々」
「ヒトラー〜最期の12日間」
「ヒトラー〜最期の12日間」
「ドイツ時代のラングとムルナウ」上映作品
「メトロポリス」
「メトロポリス」
「ニーベルンゲン」
「ニーベルンゲン」
お買い求めは、朝日イベントプラス(TEL:0120-013-193)またはhttp://shop.asahi.com/event/
過去の映画祭カタログもお買い求めいただけます。
お問い合わせ
ドイツ映画祭事務局
TEL:03-3265-1979
※5月7日〜6月7日、平日のみ10:00〜18:00

会場
TEL:03-3282-6033
※会期中のみ

【主催】
朝日新聞社
ドイツ映画輸出公団
GOETHE-INSTITUT ドイツ文化センター
【協力】
ムルナウ財団
トランジットフィルム
ニッポン・シネテレビ・コーポレーション
【運営協力】
ぴあ株式会社
【宣伝協力】
パンドラ
トップページ メッセージ 作品紹介 上映スケジュール チケット情報 ゲスト情報 会場地図