60ハウスとは?60歳から人生を楽しむ家

家さえあれば人生アガリでいいの?耐震性・暮らしの質が一変! 実は新築が割安

家さえあれば人生アガリでいいの?耐震性・暮らしの質が一変! 実は新築が割安

定年退職、住宅ローンの完済、子どもの独立などを迎える60歳こそ、人生を自分本位に変えるチャンスです。シニア世代が生き生きと暮らせる「60ハウス」の魅力について、「60ハウス」提唱者の一級建築士・湯山重行さんに聞きました。

ロクマルハウスの特徴

ロクマルハウスの特徴

そもそも「60ハウス」とは、どんな家ですか

一言で言うと、60歳から人生を楽しむためのコンパクトハウスです。もともとはシニアが楽に暮らせる新しい平屋をイメージしましたが、土地のない都市部なら2階建てでもいいのです。小さくとも庭があり、バリアフリーで屋内も開放感がある。夫婦が快適に暮らせる家は、二人の個室を含む2LDKで十分です。

趣味先行型ライフスタイルの提案でもあります。男性なら車やバイク、サーフィンなど好きなものと過ごせる部屋を。長年の夢を実現できますよ。

どのくらいの予算があれば、リフォームより「60ハウス」を選んだ方が良いのでしょうか

予算が1000万円を超えたら、検討の価値ありです。

土地を持っていても、旧家屋の解体に150~200万円、新築に1200万円はかかります。1000万円以内でリフォームするのも一つの考え方ですが、掛けた費用の割には満足感を得られないケースも多い。住み続けながら解体したり、搬出したりすると手作業や工程が増え、工事期間が長くなり、全体的に割高にもなりがちです。

なぜリフォームより「60ハウス」を薦めるのですか

私自身のライフスタイルなのです。人生と仕事を両立させ、両方で輝きたい。生活主体の家をコンパクトにすることで、不必要なものがそぎ落とされ、本当にやりたいことが明確になります。いまの60歳代は、かつての40歳代くらいのイメージ。多趣味でアクティブです。小さくても貧相ではなく、おしゃれでかっこいい家がいい。

かつての家は耐震基準も今ほどではなく、リフォームをしても新築レベルにはなかなか届きません。いまの家の耐久性は50年以上。最新の品質が手に入ります。家を建て替えると、暮らしの質はまったく変わります。

「60ハウス」のコンセプトを発想したきっかけは

一つは20年以上前、バブル経済で地価が高騰した時代でも庶民が建てられる、コンパクトな2階建ての「500万円住宅」を提案したこと。

もう一つは、2011年に発生した東日本大震災です。住宅ローンが残っているのに、自宅を津波に流された人が被災地に大勢いると聞き、コンパクトハウスであれば、彼らがもう一度家を建てることができる、と考えました。

「60ハウス」は、その60歳バージョンです。バリアフリー仕様で、年齢を重ねても移動しやすく、暮らしやすい平屋を建ててハッピーになろうという提案です。

「60ハウス」をつくるには、何から準備すればよいでしょうか

人生でやり残したこと、これをやると毎日がハッピーになると思うことを、まずはリストアップしましょう。バイクが室内に収まる家が良いとか、織物やフラメンコに没頭したいとか。お子さんにお金を回し、ぜいたくを控えてきたシニア世代ですが、心の豊かさのために投資してもいいのではないでしょうか。

「60ハウス」に込めた湯山さんのメッセージとは

「家を建てて、住宅ローンを返済したら、人生はアガリ!」ではありません。「60ハウス」で人生のドリームをかなえてほしい。建て替え意欲のある方は、一歩を踏み出しませんか。

無料セミナーを随時開催(トップページにて予告)

ロクマルハウスの特徴

参加者の声

  • ・夢が広がりました。
  • ・これからの人生設計で、考え方が同じように思えて、とても参考になりました。
  • ・「リフォームではなく建て替え」という発想はなかったのですが、改めて考えてみようかと思いました。
  • ・「60歳から人生を楽しむ」という考えに興味を持ちました。
  • ・ローコストで家を建て替える場合の費用配分の捉え方が理解しやすかったです。
  • ・コンパクトな家という発想が斬新でした。最も印象的だったのは、「壊れたら建替えればいい」という言葉。
     安く建てることが可能なら、そういうこともできると思いました。
  • ・以前より漠然と考えていたことを、やっと明確に示していただいた感があります。
     我々の生活がよりよくなるような家を考えたいと強く思いました。
  • ・家の建築にとどまらず、人生観も聞けてよかった。お人柄の良さも伝わってきました。
  • ・平屋のイメージが決まりました。
  • ・60歳代からの人生をワクワクさせてくれるようなお話をしていただき、よかったです。
  • ・「家を使い倒す」という言葉が印象に残りました。
  • ・今後の家づくりの視点として参考になりました。
  • ・60ハウスを建てたいと思いました。
  • ・気が楽になりました。
  • ・60歳まで間がありますが、「50ハウス」を検討したいと思います。
  • ・目からウロコの観点に納得のアイデアです。

湯山 重行(ゆやま しげゆき)

湯山 重行(ゆやま しげゆき

1964年、神奈川県小田原市生まれ。

建築家、アトリエシゲ一級建築士事務所代表取締役。
南欧のリゾート地に暮らすような開放感がある家づくりが得意。

独自の視点でつづる建築にまつわるエッセーに定評があり、新著「60歳で家を建てる」(毎日新聞出版)は幅広い世代の反響を呼んでいる。他の著書に「500万円で家を建てる!」(飛鳥新社)など。

アトリエシゲのホームページ
http://atshige.com/

ページ上部へ