増税前に、家を建てるには?8%で間に合うマイホーム計画

消費税10%時代を前に、かしこく家を建てよう!

いよいよ来年10月、「消費税10%」が施行される予定です。
ライフスタイルや趣味を活かした自分らしいマイホームのため、いまこそ具体的に住宅購入計画を考えるとき。
とはいえ、あわてるのは禁物。あせらずじっくり検討してかしこい新居ライフを手に入れましょう。

理想のマイホームへ、いまから計画スタート!
あせらず検討、じっくり吟味、かしこい家づくりを!

※2019年4月1日以降の契約でも、2019年9月30日までに引き渡しを終えれば消費税8%が適用されます。

いつまでなら間に合う?

消費税の増税は2019年10月1日より施工される予定です。
これ以降に引き渡しを受ける建物は消費税10%が適用されることになります。
ただし、2019年の3月31日までに施工業者との請負契約が完了していれば、建物の引き渡しが10月以降でも8%の税率が適用されます。
また、契約が2019年4月以降の場合は、2019年9月30日までに引き渡しが完了できれば、同じく消費税は8%が適用されます。

あわてるのは禁物ですが家づくりには意外と時間がかかります。
しっかりとしたスケジュールを組み、きちんとしたステップを踏んでいくのが大切です。

注文住宅を建てるために、まず始めることは?

まずはどのような家に住みたいかをご家族で意見や希望を出し合いじっくり話し合うところから。

どんな外観で、どんな間取りで、どんな設備が良いのか、整理してまとめていきましょう。
家づくりは一生に何度もない大きな買い物です。
「理想の家」の実現へ、ご家族の気持ちをひとつに。

理想像が固まったら次は情報収集。
住宅展示場に出かけてモデルハウスを体感しましょう。
比較しながら検討できる住宅展示場はまさに情報の宝庫。
ハウスメーカーの最新設備やオーダーメイド仕様など細かい情報もたっぷり集めていきましょう。

資金計画やローンの相談は?

住宅資金としては「頭金」と「諸費用」をご用意する必要があります。
「住宅購入時の諸費用」には、登記費用・ローンの事務手数料・ローン保証料などの「手数料」と火災保険料・地震保険料・団体信用生命保険料などの「保険料」に加え印紙税・不動産取得税・登記免許税・固定資産税・都市計画税などの「税金」がかかります。

このほか建て替えの場合は解体費用や仮住まいの費用もかかる上、測量などが必要になると、その費用も負担しなければなりません。
ゆとりをもった資金計画を立てましょう。
また住宅ローンを組む際には子どもの教育資金・家族旅行・車の購入など家族内のライフイベントによる支出を考えた計画も不可欠。

住宅展示場のモデルハウスには経験豊富な専門家がおり、様々な資金相談を受け付けています。

増税前に家を建てるには?

新築をお考えの場合、家づくりのスケジュールには一般に
計画→検討→契約→工事→引き渡し
という段階で進んでいきます。

引き渡しに至る5つの段階には、少なくとも6カ月以上の時間がかかることが一般的です。
工事は天候に左右され工期が延びることもしばしば。
最終的に公開しないように、今からじっくり計画をたてて、増税前に間に合う理想のマイホームづくりを始めるのがおすすめです。
ハウジングプラザ三鷹で、夢を具体的なカタチにしていきませんか?

住まいの無料セミナー開催!

ページ上部へ