• TOP
  • >家づくり6つの視点

安全性

  1. ロイヤルウッド
    木造軸組・
    三次元立体解析SE構法

    木造住宅の次世代技術「FG工法」を採用し在来軸組工法に様々な「プラスα」を施した次世代技術により、高い耐震性、耐久性を実現した工業化木造住宅FG工法の住まいが、ご家族の豊かな未来を育みます。
    FG工法は、ロイヤルウッドのすべての家に標準装備されています。

  1. 愛知建設
    構造材オールLVL&
    木造軸組工法

    全構造材に木材固有の弱点を克服した「単板積層材LVL」を採用。専用金物を用いた在来金物工法で、柱と梁の接合強度を確保、耐震等級3(標準)の高い耐震性とプランの自由性を確保。また、完全乾燥材なので、断熱材との組み合わせで高気密・高断熱の住まいが実現。長期優良住宅の性能を標準仕様でクリア。

  1. 一条工務店
    木造軸組工法

    一条工務店『夢の家』は、ジェット機などにも用いられるモノコック構造を採用し、巨大地震の際、住まいにかかる10トンもの大きな力をしっかり受け止められる設計。柱、梁、土台を構造用パネルで一体化し、強靱な6面体の箱形に仕上げることで、地震などの外圧を建物全体で受け止めて、高い耐震性能を発揮します。

  1. 旭化成ホームズ
    鉄骨軸組工法

    ヘーベルハウスの『キュービック』は、空間の自由度が高く、万一の地震にも安心な性能を備えた「ハイパーフレーム構造」を採用。
    「制震フレーム」と「剛床システム」を組み合わせた構造で、地震エネルギーを吸収して受け流す「制震」を、工業化住宅で初めて標準仕様とした家をお届けします。

  1. 大和ハウス工業
    鉄骨軸組・
    持続型耐震構造

    震度7クラスの地震エネルギーを繰り返し吸収し、構造体の損傷を防ぐ『xevoΣ(ジーヴォシグマ)』。独自のエネルギー吸収型耐力壁「D-NΣQST(ディーネクスト)」を標準搭載。大きな揺れに対して耐え続けるだけでなく、地震エネルギーを効果的に吸収し、建物の揺れを早く収束させることで、構造体の損傷を最小限に抑えます。

  1. トヨタホーム名古屋
    軽量鉄骨
    ラーメンユニット構造

    高層ビルにも採用される、柱と梁を強固に一体化させ構造。強靱なユニットを支える太い柱。そして、柱と梁の接合部には変形防止プレートを内蔵し、力が集中する接合部の変形を防止。それらの相乗効果によって、標準仕様で住宅品質確保促進法の最高ランク耐震等級3(※1)を実現しています。※1 商品・プランにより、異なる場合があります。

  1. 一条工務店
    ツインモノコック構造

    一条工務店は、ジェット機などにも用いられるモノコック構造を採用。巨大地震の力を建物全体で吸収する、耐震性の高い構造です。また、その性能を確かめ、追求するために実大実験にこだわり、過去の巨大地震の地震波で繰り返し加震。その耐震性の高さを実証しています。

  1. 積水ハウス
    重量鉄骨βシステム構法

    重量鉄骨による『積水ハウス』の独自構造「βシステム構法」。60mの高層ビルと同じ耐震基準で設計された高い安全性能を誇ります。「高耐震」「高強度」を実現する基礎により、優れた耐震性能を有することはもちろん、通し柱を必要としないなど、敷地対応力と空間提案力に優れた設計の自由度も大きな特徴です。

  1. セキスイハイム
    鉄骨系ユニット住宅
    ハイブリッド耐震構造
    「GAIASS」

    巨大地震からも家族を守る、ハイブリッド耐震構造「GAIASS」を採用。ユニット構造体と高性能外壁、2つの力で巨大地震にもしっかり抵抗。構造体は高層ビルにも使われる原理を応用し、地震・台風等のエネルギーを地盤面へと逃がす構造。また、高性能外壁を使用し、最高等級の耐震性能で、極限まで家族をお守りします。

  1. イシカワ
    木造軸組工法
    耐震・耐風ハイブリッド
    工法

    新潟の過酷な自然環境で培ってきた安心安全の住まいづくりを行っています。机上の理論では計り知れないここ数年の大規模地震でも倒壊・半倒壊はなく、その耐震性が実証されました。その技術がご家族の暮らしを守ります。

  1. パナホーム
    鉄骨軸組構造
    パワテック

    家族の安全、そして大切な資産をしっかり守るため、パナホームでは頑丈で耐久性に優れた鉄骨と、独自の構造技術「パワテック」を採用し、大地震にも繰り返し発生する地震にも強い強固な構造体を実現。構造体そのものが強固につくらてているパナホームの住まいなら、プランへの制限も少なく、広々とした開放的な大空間の実現も可能です。

  1. 住友林業
    木造軸組
    マルチバランス工法

    日本の伝統的な木造軸組構造に、最新技術を組み合わせて進化させた木造軸組「マルチバランス工法」。一邸ごとに最適基礎設計を行い、最先端の高品質集成材「スーパー檜」、面として力を発揮する「きづれパネル」、「地震エネルギー吸収パネル」等を使用。設計の自由度を確保しながらも、強い構造躯体の安全な住まいをつくります。

会場マップはこちら

Asahi Shimbun. All rights reserved.