メニューを飛ばして本文へ
朝日新聞デジタル

江戸東京博物館 開館20周年記念特別展 日本橋 描かれたランドマークの400年

会期:
平成24年5月26日(土)〜7月16日(月・祝)
会場:
江戸東京博物館
Adobe Flash Player を取得
ここから本文

最新情報

再び注目を集める日本橋。江戸から昭和に至るそのドラマチックな変遷を、多彩な作品でたどります。

 江戸東京の象徴として、数多くの絵に描かれてきた日本橋。現在は、橋の下を流れる日本橋川から隅田川方面へ、江戸時代を彷彿させる舟行も復活し、日本橋周辺及びその流域地域の活性化がより一層注目を集めています。

本展は、400年以上の歴史を持つ日本橋の姿を、江戸から明治、大正、昭和に至るまでの浮世絵や版本、絵巻、そして近代版画や写真など、江戸東京博物館のコレクション約130件で紹介します。加えて、日本橋近くの版元から安永3年(1774)に出版された『解体新書』や、明治初期に橋のたもとで営業を開始し、全国へ広がった「人力車」なども展示。

いつの時代も愛された日本橋の姿を、江戸東京の歴史や文化を語る資料とともに、どうぞお楽しみ下さい。



GoUpToThisPage
ニュースの詳細は朝日新聞へどうぞ。購読の申し込みはインターネットでもできます。
| サイトポリシー | 個人情報 | 著作権 | リンク | 会社案内 | 新聞広告ガイド | Web広告ガイド | 法人向け配信 | サイトマップ | お問い合わせ・ヘルプ |
朝日新聞デジタルに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
Copyright The Asahi Shimbun Company. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission