「驚きの明治工藝」展のみどころ

すごい! びっくり! かわいい!
「驚きの明治工藝」の世界へようこそ

江戸時代、徳川幕府による安定した政権のもとで、日本の工芸は技術的に大きな発展を遂げました。

特に金工、漆工の分野では、造作、装飾に写実が意識され、様々な材料を使用し、技巧を尽くした作品が作られました。江戸から明治に時代が移ると、将軍家や大名の後ろ盾を失った工人たちは、明治政府の殖産振興、外国への輸出政策によって、新たな制作の方向を見いだすようになります。江戸時代に培われたその技術は、表現力をよりいっそう高め、外国における博覧会で絶賛されるに至りました。

この展覧会は、そうした明治時代の工芸品を中心に、その基となった江戸時代後期から、明治時代の影響が及んだ昭和初期までの作品によって、その驚くべき表現や技術を紹介します。

そして、題名の「驚き」にはもうひとつ意味があります。それは、この膨大な作品がすべて一人のコレクター、宋培安氏のコレクションであるということです。明や清の技巧的な作品に、より近い距離で接していながら、宋氏はなぜ日本の工芸をこれほど多く集めたのでしょうか? 日本工芸に対する想いや魅力についても、本展では取り上げていきます。

宋培安コレクションとは

宋培安コレクションは現在台湾における最も大規模な日本工芸のコレクションで、収蔵数は3000点にも及びます。宋培安氏は漢方の薬剤師で、健康薬品の販売や生命科学の講座を開設しています。また、思想家であるカントを研究し、道徳の世界へ導くためにも、美を理解する能力が必要であるという彼の精神を大切にしています。その内容の一部は、2011年に台北で開催された「アジア太平洋伝統芸術節特展」で、初めて一般の人々が知ることとなりました。コレクションには、明治工藝の基となった江戸時代末期の技巧を凝らした作品から、明治時代を中心に昭和初期頃までの、漆工、金工、陶磁、七宝、染織とすべてのジャンルを網羅し、現在の日本ではあまり見ることがないビロード友禅や自在置物などが含まれています。

画面上部画像:《自在龍》 宗義

写実の追求 まるで本物のように

「自在置物」が20点以上登場! 驚きの作品がいっぱいです

日本では、彫刻をはじめとする立体的な造形は仏像が中心であったため、理想とする姿を顕現化する傾向が長く続いていました。しかし、江戸時代になると、工芸の世界では、動物や植物の姿を写実的にとらえ、それを再現する作品が見られるようになります。特に鍛金や鋳金の金工では、もともと立体的な作品を作っていたため、そうした表現を行いやすかったと考えられます。その代表的な例に、鍛金による自在置物があげられます。また江戸時代には、平面上に金や銀の蒔絵によって文様を表現する漆工においても、写生画のように植物を描いた作品が現れます。明治時代になると、こうした傾向はより強くなり、木彫、象牙彫刻、陶磁などの分野でも写実の追求が行われるようになります。それは対象とするモチーフを「まるで本物のように」写し取る技巧へと進んでいきました。

自在置物とは

鉄や銅などで、龍、蛇、伊勢海老やカマキリ蝶、トンボなどの昆虫を写実的に作り、しかもその動物が本来的に持っている胴や手足などを動かせる機能までをも再現した置物です。蛇を例にとれば、くねくねと移動するような形からとぐろを巻いた状態まで、自由自在に形を変えることができます。伊勢海老は触覚を前後に屈伸させたり、腹部を内側に折り曲げることが可能です。これらの置物は江戸時代に甲冑を作る職人によって最初に作られましたが、明治時代には京都の高瀬好山やその工房の冨木宗好、田中宗義、また大阪の板尾新次郎などが主に輸出を目的として制作するようになります。自在置物は国内に残っている作品が少なく、これほどの数と種類が揃うのは初めてです。

本展に出品予定の自在置物は以下の通りです。

《自在龍》宗義 明治-昭和 《自在龍》明珍清春 江戸時代
《自在龍》江戸時代 《自在鯱》江戸時代
《自在蛇》明珍宗春 江戸時代 《自在蛇》宗義 明治-昭和
《自在鷹》板尾新次郎 明治時代 《自在烏》明珍宗春 江戸時代
《自在鯉》明珍吉久 江戸時代 《自在鯉》宗一 明治時代
《自在伊勢海老》明珍清春 江戸時代 《自在伊勢海老》守由 明治時代
《自在手長海老》江戸時代 《自在手長海老》明珍 明治-昭和
《自在蟹》 江戸時代 《自在やどかり》明珍宗國 江戸時代
《自在やどかり》明珍 江戸時代 《自在蜘蛛》江戸-明治時代
《自在蟷螂》好山 明治-昭和 《自在蟬》明治-昭和
《自在蜻蛉》好山 明治-昭和 《自在蝶》明治-昭和
《自在飛蝗》明治-昭和 《自在龍頭釣舟花生》宗義 明治-昭和

技巧を凝らす どこまでやるの、ここまでやるか

誰もが驚く超絶技巧から、目利きも思わずうなる精粋の逸品まで。
職人の技が光ります。

江戸時代には、友禅、高肉象嵌、色絵など、工芸のそれぞれの分野で新たな技法が開発されます。明治時代になると、そうした技法から生まれた表現は、より高い精度が加わり、細密な作品が多く作られるようになります。明治時代の工芸品は、欧米諸国への輸出が目標とされ、内外の博覧会への出品によって、その優秀な技術を示すことが重要視されました。「公開」という江戸時代にはなかった制作目的のため、より高度な芸術性が求められるようになったのです。漆工、金工は色漆や種々の金属の象嵌による色彩感のある表現をしたものが好まれ、また染織では、ビロードの生地に友禅染を施すビロード友禅や、漆工、金工、七宝、象牙彫刻を併用した芝山細工など、華麗・繊細な感覚の作品が生み出されます。人の手によって表現しうる限りの技巧を凝らした世界が展開されたのでした。

ビロード(天鵞絨)友禅とは

ビロードは針金を織り込み、織り上がった後、その針金を引き抜いて輪奈(ループ)にした絹、羊毛、綿の織物で、パイル状になるのが特徴です。戦国時代にポルトガルから伝わり、陣羽織などに使用され、江戸時代には京都や滋賀県長浜で生産されました。ビロードは表面が毛羽だって、そこに友禅染を施すことは困難ですが、明治時代に京都の西村惣左衛門によって、この技法が創始されました。光沢のある生地に色糸あるいは黒糸で絵画的な模様を染めた作品は遠近感があり、それはまるで西洋絵画あるいは水墨画のように見えます。明治9年のフィラデルフィア万国博覧会に出品されて評価され、その多くは海外へ壁掛として輸出されました。日本国内に残る作品は少なく、宮内庁三の丸尚蔵館の優品が知られるほどです。

「驚きの明治工藝」展概要

会期
2017/4/22(土)~6/11(日)
休館日
毎週月曜日
(5月1日は開館)
開館時間
午前9時~午後5時
※入館は午後4時30分まで
会場
川越市立美術館
川越市郭町2-30-1
主催
川越市、朝日新聞社
協力
あいおいニッセイ同和損保、日本航空
企画協力
東京藝術大学
観覧料
一般600円(480円)
大学・高校生300円(240円)
( )内は20名以上の団体料金
*中学生以下無料
*身体障害者手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳をご持参の方、及び介護者1名は無料
*「川越きものの日」にちなみ、8日、18日、28日に着物で来館された方は団体料金
お問い合わせ
川越市立美術館 049-228-8080
出品目録
出品目録(日本語)
出品目録(英語)

驚きの明治工藝公式ツイッター

PAGE TOP