世界報道写真展とは

「世界報道写真展」は1955年にオランダのアムステルダムで、世界報道写真財団が発足したことにより、翌年から始まったドキュメンタリー、報道写真の展覧会です。毎年、1月〜2月にかけて主に前年に撮影された写真を対象にした「世界報道写真コンテスト」が開かれ、十数人からなる国際審査員団によって選ばれた入賞作品が「世界報道写真展」作品として、世界中の約100会場で展示されます。

第61回目を迎える今回は125の国と地域から4,548人のフォトグラファーが参加し、73,044点の応募がありました。大賞などを含め、受賞作品を紹介する「世界報道写真展2018」は6月9日から東京都写真美術館(恵比寿)で開催します。
今年は、「現代社会の問題」、「一般ニュース」、「長期取材」、「自然」、「人々」、「スポーツ」、「スポットニュース」、そして昨年の「日常生活」にかわり「環境」の部の8部門において、22カ国42人の受賞が決まりました。

「世界報道写真コンテスト2018」では、日本人の応募が約50件あり、残念ながら入賞作品には選ばれませんでしたが、新聞社・通信社・雑誌社などに属するカメラマンや、プロのフォトグラファーが精力的に応募しています。2012 年のコンテストでは、AFP 通信の千葉康由氏、毎日新聞の手塚耕一郎氏、朝日新聞の恒成利幸氏(いずれも当時の所属)が、東日本大震災を捉えた写真でトリプル入賞しています。2016年には「人々」の部の組写真において、小原一真氏が1位に選ばれました。

展は1年を通じて、世界の40カ国約100会場(2017年実績)で開かれ、総計400万人が会場に足を運ぶ世界最大級の写真展です。同じ時代を生きる人たちの、普段目にすることが少ない現実を鋭い視線で捉えるプロの報道カメラマン達。その圧倒的な力量で表現される受賞作品の数々は、時に美しく時に鋭く、見る者の心に迫ります。