現在位置:
  1. asahi.com
  2. ライフ
  3. ファッション&スタイル
  4. 記事

カジュアル衣料H&M、日本に攻勢 2012年出店倍増

2011年8月11日19時50分

印刷印刷用画面を開く

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをdel.icio.usに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 このエントリをBuzzurlに登録

写真:H&Mのカール・ヨハン・パーションCEO=東京都渋谷区拡大H&Mのカール・ヨハン・パーションCEO=東京都渋谷区

 手頃な価格で流行を採り入れるファストファッション世界2位の「H&M(ヘネス・アンド・マウリッツ)」(スウェーデン)は11日、日本での店舗を現在の12から2012年に30に増やす考えを明らかにした。12年に一気に15店出して倍増し、日本市場の攻略を進める。

 来日中のカール・ヨハン・パーション最高経営責任者(CEO)が朝日新聞のインタビューに応じ、08年に進出した日本での業績は「売り上げは順調で、グループでも高い方にある」と強調。11年は福岡などに新規出店して15店舗とし、地方都市への進出も検討していくという。

 13年以降も「同様かそれ以上」の出店ペースを保つ方針。日本は経済成長が鈍り少子高齢化も進むが、パーション氏は「ファッションの費用対効果に厳しい日本の消費者はH&Mによく合う。成長のチャンスは大きい」と語った。(南日慶子)

検索フォーム


朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内事業・サービス紹介