現在位置:
  1. 朝日新聞デジタル
  2. ライフ
  3. ファッション&スタイル
  4. 記事
2013年1月24日7時57分
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック

ミシェル夫人もチェンジ? 男性的衣装に熱視線

関連トピックス

写真:オバマ米大統領の就任式に到着したミシェル・オバマ夫人=ロイター拡大オバマ米大統領の就任式に到着したミシェル・オバマ夫人=ロイター

写真:就任式後のパレードで聴衆に手を振るオバマ米大統領とミシェル夫人(右)=ロイター拡大就任式後のパレードで聴衆に手を振るオバマ米大統領とミシェル夫人(右)=ロイター

写真:就任式後のパレードに臨むミシェル・オバマ米大統領夫人=AFP時事拡大就任式後のパレードに臨むミシェル・オバマ米大統領夫人=AFP時事

写真:2009年の就任式パレードのミシェル・オバマ大統領夫人=AP拡大2009年の就任式パレードのミシェル・オバマ大統領夫人=AP

 【ワシントン=藤えりか】オバマ米大統領の就任式でミシェル夫人(49)が主に男性用の素材を使った衣装で現れ、話題を呼んでいる。米メディアやファッション評論家は「ファーストレディーの役割を2期目で強める意思の表れか」と分析をめぐらせている。

 21日の式典で大歓声に迎えられたミシェル夫人が身に着けていたのはネイビーとグレーのチェック柄コートドレス。男性向けファッションで知られる米デザイナー、トム・ブラウン氏の手による。素材はシルクのジャカード織のネクタイ生地で、米ブランド「Jクルー」のベルトを組み合わせた。髪形も最近、前髪を短くしたストレートボブに変え、若々しさを強調した。

 ミシェル夫人は前回の就任式では黄色のアンサンブルを着た。大統領夫人の就任式の衣装は伝統的に米国旗の赤や青、白関連が多い。この時も斬新だと注目を集めたが、今回は「男性的」な雰囲気で驚きが広がった。

検索フォーム

おすすめリンク

海外駐在、記者、弁護士、看護師、エンジニア……人気職種の未来は明るい?危ない?

日本の中東研究者に中東の動きを鋭く分析してもらいます。東京外語大の飯塚正人教授とアジア経済研究所の福田安志氏の定期コラムも連載中。


朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内事業・サービス紹介