現在位置:
  1. asahi.com
  2. ライフ
  3. ファッション&スタイル
  4. ビューティー
  5. 記事

エルメスはゴルチエ退任、マックイーン、ウンガロも新デザイナー 

2010年6月4日10時30分

写真:エルメスを去るジャンポール・ゴルチエ。パリで発表されたエルメス10年秋冬コレクションから=大原広和氏撮影拡大エルメスを去るジャンポール・ゴルチエ。パリで発表されたエルメス10年秋冬コレクションから=大原広和氏撮影

 コレクションブランドで、デザイナーの交代が相次いでいる。エルメスは先月26日、7年間アーティスティック・ディレクターを務めたジャンポール・ゴルチエが今年10月の2011年春夏コレクションを最後に退任し、後任にはクリストフ・ルメールがあたると発表した。

 ゴルチエは今後、自身のブランドの活動に専念するという。ルメール氏は現在、ラコステのクリエーティブ・ディレクターを務めており、同社をスポーツブランドからファッショナブルなブランドへと変革させた立役者として知られる。

 一方、今年2月にアレキサンダー・マックイーンが急逝したことを受け、同社の親会社であるグッチ・グループは先月27日、96年から彼のもとで働いてきたサラ・バートンを後任にすると発表した。今月末にミラノで開かれる11年春夏のメンズコレクションでは、プレゼンテーション形式で初作品を発表する。

 エマニュエル・ウンガロでも、ジャイルズ・ディーコンがクリエーティブ・ディレクターに就任した。ジャイルズはブリティッシュ・ファッション・デザイナー・オブ・ザ・イヤーなどを受けた新鋭だ。

 またイタリアのブランド、ブリオーニも、11年春夏コレクションから、アレッサンドロ・デラクアがウィメンズ部門の指揮を執ると発表した。(アサヒ・コム編集部)

検索フォーム


朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内事業・サービス紹介