現在位置:
  1. asahi.com
  2. ライフ
  3. ファッション&スタイル
  4. ビューティー
  5. 記事

エルメス・新コレクションデザイナー クリストフ・ルメール 装いの基礎 提案したい

2010年9月22日11時9分

写真:クリストフ・ルメール 1965年フランス生まれ。90年に自身のブランド設立=大原広和氏撮影拡大クリストフ・ルメール 1965年フランス生まれ。90年に自身のブランド設立=大原広和氏撮影

 次の秋冬からエルメスのレディースのデザイン担当に決まった。この10年はワニマークで知られるラコステを担当しておしゃれに変身させた。転身を機に自身のブランドのショーを久しぶりにパリで開き、心境を語った。

       ◇

 今回ショーを開いたのは、自分はどんな存在で何を本当に作りたいのか、もう一度考えてみたかったから。分かったことは、半年ごとの流行のスタイルではなく、言語におけるアルファベットのように、着る人が装いの基礎として使える服を提案したいということ。素材や仕上げに豊かさがあって、都会的なのに退屈じゃない、何年も着られる服。自宅のクローゼットにいつもあって、カットや量感が自分に合い、いつでも使える。そんな服を見つける手助けをしたい。

 エルメスを担当できることは、素直にうれしい。本物のぜいたくな服とは、心地よく、堂々として美しく、自分自身と調和していると感じられる服だと思う。人間の深い内部にある、豊かさを表す印のような服が作っていけたらと考えています。

 1980年代以降、モードは巨大なビジネスに成長して、派手さや豪華さを求め過ぎて、一般大衆の気持ちから離れてしまいました。エレガンスとは本来、お金や物など物質的なものではなく、尊厳や常識から生まれるもの。モードには常に新しい反抗精神が必要だけれど、いまはそれが内面的な静けさの中から生まれてくると思う。(編集委員・高橋牧子)

検索フォーム


朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内事業・サービス紹介