現在位置:
  1. asahi.com
  2. ライフ
  3. ファッション&スタイル
  4. ビューティー
  5. 記事

「自由・大胆」の魅力 慶長の美展で紹介「まとふ」

2011年1月24日10時40分

印刷印刷用画面を開く

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをdel.icio.usに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 このエントリをBuzzurlに登録

写真:  拡大  

 東京コレクションで注目されているデザイナーの堀畑裕之、関口真希子のブランド「まとふ」が、5年間10シーズンにわたって掲げた「慶長時代」というテーマを終えた。「知れば知るほど面白くなった」という。

 焼き物の「織部(おりべ)」が、慶長時代に目覚めるきっかけ。慶長は桃山後期〜江戸初期の約20年。美術や工芸の「自由さ、大胆さにひかれた」と堀畑。

 受け皿になったのは、ブランドの特徴的なアイテム「長着(ながぎ)」だ。和服のように畳める2枚仕立てのワンピース状の服。同じパターンで素材や柄を変える。着る人の工夫で様々に着られ、過去の作品と重ね着もできる。

 5年間の成果は今月、東京・青山での展覧会「慶長の美」展で紹介された。10シーズン分の長着と、発想のもとになった美術品の写真、服の作り方を説明する映像などを展示した。

 2010年秋冬からは新テーマ「日本の眼(め)」に取り組んでいる。(安部美香子)

検索フォーム


朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内事業・サービス紹介