現在位置:
  1. 朝日新聞デジタル
  2. ライフ
  3. ファッション&スタイル
  4. ビューティー
  5. 記事
2012年11月13日19時46分
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック

カネボウ、アジア中心に攻勢 「海外売上高比率3割に」

 「2020年までには海外売上高比率を現在の10%から30%に高める」と意気込むのはカネボウ化粧品の夏坂真澄社長(56)。業界トップの資生堂の同比率は40%を超え、大きく後れを取る。13日の会見で「KATE(ケイト)」など「グローバル最重点5ブランド」を発表。「美白製品や日焼け止めなど、アジアの消費者は(欧米の製品より)日本製を好む」として、アジア市場を中心に攻勢をかける。

検索フォーム


朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内事業・サービス紹介