現在位置:
  1. asahi.com
  2. ライフ
  3. ファッション&スタイル
  4. コレクション
  5. 記事

2010春夏東京コレクション

2万人を魅了 10年春夏東京コレクションが閉幕

2009年10月26日

印刷

ソーシャルブックマーク このエントリをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをdel.icio.usに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 このエントリをBuzzurlに登録

写真:アキラ・ナカ(AKIRA NAKA)拡大アキラ・ナカ(AKIRA NAKA)

写真:ミキオ・サカベ(MIKIO SAKABE)拡大ミキオ・サカベ(MIKIO SAKABE)

写真:リトゥンアフターワーズ(writtenafterwards)拡大リトゥンアフターワーズ(writtenafterwards)

 19日から開かれていた東京コレクションは最終日の24日、ミキオ・サカベなど3つのブランドがショーを開き、6日間の日程を終えて閉幕した。総来場者数は2万人余り、登録したプレスの人数は220人超におよび、6日間に約40のブランドが10年春夏の新作を発表した。

 この日は「新人デザイナー・ファッション大賞」の最終選考会が行われ、1万2000点あまりの中から杉野服飾大学の糀泰佑さんが大賞に選ばれた。

 ミキオ・サカベは、破れたストッキングが目を引くパンク風。アキラ・ナカは挑発的な女性をイメージさせるシリーズ。リトゥンアフターワーズは布をくるくるとロープ状に体に巻き付ける奇抜な服装で観客の度肝を抜いた。

(アサヒ・コム編集部 写真は大原広和氏)

検索フォーム


朝日新聞購読のご案内