現在位置:
  1. asahi.com
  2. ライフ
  3. ファッション&スタイル
  4. コレクション
  5. 記事

2011春夏東京コレクション

2011春夏東京コレクション速報(3) 服を見せないファッションショー

2010年10月25日18時19分

印刷印刷用画面を開く

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをdel.icio.usに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 このエントリをBuzzurlに登録

写真:アグリ・サギモリ(AGURI SAGIMORI)。映像を映すガラス窓の向こうに、現物のドレス(中央)が浮かび上がる拡大アグリ・サギモリ(AGURI SAGIMORI)。映像を映すガラス窓の向こうに、現物のドレス(中央)が浮かび上がる

写真:アグリ・サギモリ(AGURI SAGIMORI)拡大アグリ・サギモリ(AGURI SAGIMORI)

写真:ファーファー(fur fur)拡大ファーファー(fur fur)

 今回の東京コレクションで驚いたのは、「服を見せない」ショーが相次いだことだ。いかにバイヤーやプレスに自作の服を見てもらい、ビジネスにつなげるかが最終的な目的といえるファッションショーで、「服が見えない」とはいったいどういう意味合いなのだろうか。

2011春夏東京コレクション・フォトギャラリーはこちら

 サントリー美術館ホールを使った「アグリ・サギモリ」のショーは、一面のガラス窓の外に、作品が展示された。会場全体の照明を落とし、当初は隣の人の顔も判別できないほど。そのうち目が慣れて来ると、白と黒を基調にしたコートやチュールドレスなどが、周囲の夜景に照らされてボンヤリと浮かび上がってきた。

 といっても、それらの作品と自分とを隔てるガラスには、終始モノクローム風の映像作品が青白く映し出され、今コレクションをまとった女性たちが画面上で物憂げにたたずんでいる。実際に飾られた作品とシンクロし、何とも不思議な味わいを醸し出している。

 真っ白なシャツやコートにスケッチ画をプリントしたり、トゲのような突起が付いたジャカード素材などが今季の提案というが、どんなに目を凝らしても、細部までは見えなかった。

 「ファーファー」のショーも暗闇に浮かび上がる手法。漆黒の闇の中、一部に薄明かりがともされ、音もなくモデルが進む。ミラーボールが回って時折チラチラと服を光がかすめたり、カラー照明器が鈍い七色の光を放ったりして、レースニットやレイヤードスカートなどの一部分を照らすが、明るいスポットライトが作品全体を映し出すことはない。

 極端なパーマネントを施した髪にはカーラーが乗せられ、布団を胸の前で抱えた姿のようなドレスでしずしずと歩を進めるあやしさは、確かにこの暗闇でしか存在しえないのかもしれない。スヌーピーやチャーリー・ブラウンといった定番キャラクターをモチーフにしながら違いを見せるには、こうした演出が必要なのだとも推察はする。

 ただ、わずかな光からのぞくジャケットはしっかりとしたテーラード仕立てに見え、ドレスをもう一枚背中に背負ったようなドレスなどはコムデギャルソンさえ思い来させる独創的なデザインの可能性もあるだけに、もう少し現物をしかと確かめたかった。カメラマンからも嘆きの声があがっていた。

 今回初参加となる「エドヴァス・ボルゲ」は、御簾(みす)のような薄いベールの向こうでモデルが奇抜な行動に出るという趣向だった。口裂け女風のメークで胸を露出したモデルが滴る水を見つめ、ゆっくりと天を仰ぐ様子は、難解な現代演劇や舞踊の動作をスローモーションで眺めているかのよう。薄布の服は前がはだけ、その造形や意匠以前に、何かの儀式のような様子だけが印象に残った。

 昨今の傾向として、ショーでは世界観やイメージをざっくりと伝え、その後の展示会でひとつひとつの服を見てもらうという方式を採り入れるブランドが増えているように思える。ランウエーを風のように歩き去る様子だけではどうせディテールは見えにくいだろうと思うのも、照明を落とした凝った演出は新たな創造性を追求しているためだというのも一理はあろう。

 たが、コレクションに参加している限り、ショーは最大にして唯一の発表の機会のはずであり、ジャーナリストもバイヤーも大方の判断を下す場所であるというのは今も昔も変わらない。斬新な演出大いに結構だが、まずは作品、服自体をよく見せ、その上で勝負してもらいたいと思う。

 アートの世界では、鋭い感性と前衛的なアイデアは常に物議を醸すものである。印象派の絵も当時の主流派からは批判の的であった。ただ、作家が没してから評価を受けることも多い絵画と違い、ファッションはその時代に着てもらうことが目標であり、要するにビジネスが成り立たねば後はない。

 「アグリ・サギモリ」も「ファーファー」もブランドとして順調な滑り出しを見せているが、過去には際だった感性を持ちながらも消えていくデザイナーが少なくないことから、改めて創造性と現実性のバランスを考えてしまうのだった。(アサヒ・コム編集部 柏木友紀 写真はすべて大原広和氏撮影)

【2011年春夏東京コレクション速報】

速報(1) 若々しさ、それが東京スタイル

速報(2) 「ならでは」のエレガンス

速報(3) 服を見せないファッションショー

速報(4)完 その原点は「夢」

検索フォーム


朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内事業・サービス紹介