現在位置:
  1. 朝日新聞デジタル
  2. ライフ
  3. ファッション&スタイル
  4. コラム
  5. 上間常正のアッと@モード
  6. 記事
2012年11月16日10時34分
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック

上間常正のアッと@モード

東コレの「和」の表現にうかがえる切実さの薄さ

上間常正

写真:ビューティフルピープル拡大ビューティフルピープル

写真:まとふ拡大まとふ

写真:ソマルタ拡大ソマルタ

写真:リトゥンアフターワーズ拡大リトゥンアフターワーズ

写真:プラダ拡大プラダ

 JFW(日本ファッション・ウイーク)を中心とする2013年春夏東京コレクションでは、「和」のモチーフを使った作品がこれまでになく目についた。日本の伝統的な形や美意識への思いや服への表現の仕方も、それなりに独創的で多彩だった。経済や社会の仕組みがグローバル化につれて不平等感や将来への不安感も高まる中で、さまざまな分野で日本の伝統に目が向けられ始めたことの一つの表れなのだろう。

 ただし残念なのは、そうした「和」の表現にオヤっと思わせるような新鮮さが感じられないことだ。共通して言えるのは、発想の仕方が日本人というより無国籍な「現代の若者」の感覚と思える点だ。あるブランドはきものや和風小物の意匠をディテールに落とし込んだり、別のブランドはたくさんの和のモチーフをてんこ盛りに積み上げたりした。それらの表現の仕方には、東京風の洗練された大胆なミックス感覚がうかがえる。

 だが、これもまた東京ブランドに共通した弱点である服の完成度の低さとあいまって、これまでヨーロッパのデザイナーたちがすでに何度も試みてきた和の表現を超えるものとは思えない。今回の東コレの和の表現に新鮮さを感じなかったのは、そうした欧米作品によってもたらされた「既視感」が邪魔したせいもあるだろう。そんな中でもいくつか印象的なショーもあった。

 現代的な日本の都会感覚をポップでユニバーサルな服で表現することが特徴のビューティフルピープル(熊切秀典)は、今回は江戸の下町感覚のモチーフを柄や小物にさり気なく使ったスタイルを見せた。寅さんルックはご愛嬌にしても、亀甲柄のジャケットや魚柄のトップス、江戸切子のブレスレットや蛇革の草履。そんなディテールが細身の軽快なシルエットによく取り込まれている。このコレクションが少しでも新鮮に映ったのは、お金に執着しなくても粋に楽しめる江戸庶民の遊び感覚が今の時代に求められようとしているものとどこか底でつながっているように思えるからだろう。

 一貫して和をテーマにしている、まとふ(堀畑裕之、関口真希子)は、和紙などを使って本来の素材感とは異な質感に見立てた服。前シーズンまでの服と比べるとドレープなどでむしろボリューム感が増した複雑な服になった。だが、日本的な「見立て」の美意識とは何もないところに最小限のものを置くことで豊かなイメージを思い起こさせることだったはず。そのためどこかちぐはぐな印象が残る。

 ソマルタ(廣川玉枝)の鋭角的な花柄やきものの帯ベルトを使った服品は、画家クリムトやウイーンの分離派などに見られた前々世紀末風のジャポニスムから想を得たという。それを現代の日本人女性が日本で表現するのだとすれば、その間には複雑かつ深刻な事情が介在しているはず。しかし服だけ見た限りでは、そのことはほとんど伝わってこない。

 服作りよりもコンセプチュアルなオブジェ作りに力を入れてきたリトゥンアフターワーズ(山縣良和)は、今回初めてランウエー形式の「服」のショーを開いた。だがその服は、高く盛り上げた冠のようなヘッドドレスから花魁風の高ぽっくりまで、至る所に招き猫やひょうたん、熊手や俵などがこれでもかというように張り付けられていた。こうした表現は、「わび・さび」などシンプルな美意識とは対照的な、あらゆるものを掻き合わせて過剰さの中に何か聖なるものを見いだそうとする日本のもう一方の美意識と通じていると言えないこともない。その意味では、印象的な力作というべきだろう。だがこの服の「盛り方」には、周到な計算と技術が欠けている。ジョン・ガリアーノがこんな破天荒なてんこ盛りの服を何度か発表したことがあったが、それは構成についてのち密な配慮と確かなテーラード技術に裏打ちされたものだった。

 今シーズンはミラノでも、プラダとグッチがともに「和」をテーマにした服を発表して注目された。プラダはきもののさまざまな要素を盛り込みながら、それを思いきったミニやスポーティーなインナーと組み合わせた。グッチは日本の襖(ふすま)絵の柄をモチーフにしたプリント柄を明るい大胆な色使いと組み合わせた。だがデザイナーが共通して言ったのは、いま最も望まれるフェミニンで活動的な女性像の表現だということだった。

 それは多分、西欧的な現代はもう終わりかけている近代でしかないとの危機感からの発想ではないかと思う。そうした切実さと比べてみると、「和」の伝統がより身近にある日本のデザイナーのまだ不徹底な切実さ、伝統についての無意識な安心感がもたらす隙(すき)を感じてしまうのだ。

  • 上間常正氏は「朝日新聞社広告局ウェブサイト @ADV」でもコラムを執筆しています。

プロフィール

上間常正

上間 常正(うえま・つねまさ)

1947年東京生まれ。72年東京大学文学部社会学科卒後、朝日新聞社入社。事件や文化などを取材し、88年から学芸部記者としてファッションを主に担当し、海外のコレクションなどを取材。07年から文化女子大学客員教授としてメディア論、表象文化論など講義。ジャーナリストとしての活動も続けている。

検索フォーム


朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内 事業・サービス紹介