現在位置:
  1. asahi.com
  2. ライフ
  3. ファッション&スタイル
  4. コラム
  5. シトウレイのfun!fun!fashion!
  6. 記事

ファッションの楽しさ、おすそ分け!パリはピンクが旬!

2010年4月8日12時5分

写真:ベージュ、ピンク、ホワイト、そして黒。ピンクと黒のコンビネーションは色あわせとして注目したい。拡大ベージュ、ピンク、ホワイト、そして黒。ピンクと黒のコンビネーションは色あわせとして注目したい。

写真:トレンドのケープスタイルのインナーをビビッドなオレンジに。フランス映画の女優のようなつば広の帽子もケープによく似合う。拡大トレンドのケープスタイルのインナーをビビッドなオレンジに。フランス映画の女優のようなつば広の帽子もケープによく似合う。

写真:鮮やかなブルーを小物使いで取り入れたスタイル。エスキモーのようなボリューム満点の帽子。拡大鮮やかなブルーを小物使いで取り入れたスタイル。エスキモーのようなボリューム満点の帽子。

写真:毛皮のコートのインナーから垣間見える鮮やかな色味のスカート、そしてビビッドな蛍光の靴。ファーの質感とヴィヴィッドな配色のコントラストがたまりません。拡大毛皮のコートのインナーから垣間見える鮮やかな色味のスカート、そしてビビッドな蛍光の靴。ファーの質感とヴィヴィッドな配色のコントラストがたまりません。

写真:こちらもピンク、ホワイト、そして黒。シンプルでマニッシュな着こなしだからこそスイートなピンクが映える。拡大こちらもピンク、ホワイト、そして黒。シンプルでマニッシュな着こなしだからこそスイートなピンクが映える。

写真:ネージュ、ホワイト、そしてピンク。
このシンプルなシルエットとこの色使いが「今」だと思う。拡大ネージュ、ホワイト、そしてピンク。 このシンプルなシルエットとこの色使いが「今」だと思う。

写真:こんなかんじのゆるめのお団子ヘアを今季はよく見かけました。後頭部ではなくて、頭頂部におだんごを作るのがポイント。拡大こんなかんじのゆるめのお団子ヘアを今季はよく見かけました。後頭部ではなくて、頭頂部におだんごを作るのがポイント。

シトウレイです、こんにちは。始めましての方は始めまして!まずとりあえずは自己紹介から。

「パリコレおしゃれスナップ フォトギャラリー」はこちら「プロローグ パリコレまわりのおしゃれさん」はこちら

 あたしのお仕事はストリートスナップのフォトグラファーです。ほぼ毎日街に出て、おしゃれな人を探して見つけて写真に撮る、ストリートスナップってそんなお仕事。毎日いろんな人を見て、撮って、話をするのは本当に楽しい。東京はいつだってパワフルで刺激的。自由な着こなし、自由なスタイル。新しい発見の連続で、街にいるだけで、勝手にうきうきしてきちゃう!

 シトウ、ホームタウンは原宿ですが、今回はご縁が重なりパリコレにも参戦してきました!

 と、いうわけで記念すべきコラム第一弾はズバリ「東京ストリート的視線を通してみた、パリコレトレンド」。レッツフォーカス!早速いってまいりましょう!

 前回、プロローグとしてこのファッション・ページに少し書かせてもらったパリコレまわりのトレンドに加え、今回は色味についてと、髪の毛についてあれこれ。

 まず要注目は「ピンク」です。今期はピンクに完全無敵にノックアウト。「旬スタイル」を感じさせる人たちに、ほぼ共通してみえるのがこの色なんです。まったくもって超かわいいんです、みんなのピンクの使い方!ピンクがあって、白かベージュ、で、挿し色として黒をちょっととり入れて…、そこらへんの色使いが「旬」な色あわせになってます。

 お次は色使い、行ってみましょう!明日のトレンドのけん引役なファッショニスタを見ていると、全体的に色の使い方が、変わってきたような気配を感じさせられました。ここ何シーズンかのメーンストリームだった色あわせ、何というんでしょうか…フェードイン・フェードアウトのような、グラデーションのような流れる色あわせは、少なくなって、「。(まる)」、「。(まる)」、と一つずつ句読点を打つかのような境目がくっきりはっきりな色のあわせ方をしてる人が多いんです。

 挿し色、としてアクセント的にヴィヴィッドな色合いを使う人多数。アウターからちらっと垣間見えるインナーが目の覚めるようなヴィヴィッドだったり、帽子などの小物で少し採り入れてみたり、方法はさまざまですが、あくまで「ちょこっと」がポイントです。

 色使いで注意すべきは、「派手!」ではあるけど、「過剰!」ではない。色が派手な分、シルエットはシンプル、「ミニマリズム」であるからです。そう、今季注目のキーワードですね。あくまでシンプルスタイルのバリエーションとしてのヴィヴィッド色使い、ということもお忘れなく!

 そして最後はヘアアレンジ。今回はなんだか高めにキュッとしばった、「おだんごヘア」が目に付きました。バレリーナみたいなきっちりまとめたお団子というより、手ぐしでざっくりまとめたような、無造作お団子が今の気分。洋服がボリュームがある時は、頭まわりは小さくまとめておくのが全体のバランスをとる際には有効です。

 パリコレの時期がいつもに増して寒かった…(これは毎回行っている記者の方が「こんなに寒いの今までなかった!」という位の寒さ!)ということもあって、帽子使いにも多くのバリエーションが見られました。エスキモーのようなもこもこ帽子、フランス映画の女優のようなつばひろの帽子…ありとあらゆる帽子が活躍してました。

 というわけでトレンド観察、いかがでしたでしょうか。

 桜も咲いて、春めいてきました。おしゃれを楽しむにはうってつけのこの季節。あたしも週末はさっそくこないだ買ったピンクのシャツでお出かけしようと思います!

 ファッションって、単純に楽しい。お気に入りの洋服に袖を通す時に、鼻歌を思わず歌っちゃってたりおろしたての靴を誰かに褒められて、ちょっとうきうきしちゃったり。街角で「あ!これカワイイ!」と声に出さずにはいられない、運命の一品に出会った瞬間。

 ファッションで何かを劇的に変えることはできないけど(オゾン層の破壊が一気に修復!とか、戦争を一発で解決!とか)、ちょっとしたウキウキとか、何げないハッピーな気持ちを与えることは、ファッションだからこそ出来る何かだと思います。

 ファッションを通して、みんなに「楽しい」や「ハッピー」をおすそ分けできればなによりなにより、です。

 と、いうことで改めまして、これからよろしくお願いします!

プロフィール

シトウレイ(Rei Shito)

石川県加賀市出身。早稲田大学教育学部在学中よりモデルデビュー。

STREET FASHION CULTURE誌「STREET」「FRUiTS」「TUNE」でフォトグラファーとして活躍後、08年より東京のストリートファッションを海外に向けて発信するサイト別ウインドウで開きます「STYLE from TOKYO(http://reishito.com/)」を開始。毎日更新で東京の「今」を全世界に向けて届けているパワーブロガー。原宿のファッションアイコン的存在でもある。新聞、雑誌、WEBなどで活躍中。ロート製薬「極潤ヒアルロン液」CM出演。

09年、外務省主催によりモスクワで初の写真展「STYLEfromTOKYO展」を開催。
10年、シンガポールのファッションビルで館内全体のヴィジュアルディスプレイを担当。
10年、モスクワ中央芸術家会館にて若手アーティスト達による合同展開催。

検索フォーム


朝日新聞購読のご案内