現在位置:
  1. asahi.com
  2. ライフ
  3. ファッション&スタイル
  4. コラム
  5. シトウレイのfun!fun!fashion!
  6. 記事

東京コレクションに集まる人々 ブランド「LOVE」を感じて

2010年11月11日

印刷印刷用画面を開く

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをdel.icio.usに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 このエントリをBuzzurlに登録

写真:THEATRE PRODUCTSのショー会場で。みんな全身THEATRE PRODUCTS。拡大THEATRE PRODUCTSのショー会場で。みんな全身THEATRE PRODUCTS。

写真:ANREALAGEのショー会場で。羽織ったカーディガンはANREALAGE。拡大ANREALAGEのショー会場で。羽織ったカーディガンはANREALAGE。

写真:これもANREALAGEのショー会場。ショップの店員さんだという彼。拡大これもANREALAGEのショー会場。ショップの店員さんだという彼。

写真:パワフルで元気な女子が多いのが特徴的だったG.V.G.Vのショー会場で。拡大パワフルで元気な女子が多いのが特徴的だったG.V.G.Vのショー会場で。

写真:これでもかってくらい歌舞いてる!そして何よりそれを楽しんでる!拡大これでもかってくらい歌舞いてる!そして何よりそれを楽しんでる!

写真:PHENOMENONの会場で。このロングコートは男女ともに良く見かけました。拡大PHENOMENONの会場で。このロングコートは男女ともに良く見かけました。

写真:PHENOMENONの会場で見かけたこの紳士はセレクトショップのバイヤーさん。拡大PHENOMENONの会場で見かけたこの紳士はセレクトショップのバイヤーさん。

 こんにちは、シトウレイです! 秋も本番、空は高くて気持ちがいいし、緑も少しずつ色づいてきて、街での撮影にはうってつけの季節。マフラーや手袋、ストールにタイツ、夏に比べて着るアイテムも増えるし、お洒落するにはもってこい!

 ニューヨーク、ミラノ、パリと続いたコレクションシーズンのトリを飾るのは、東京コレクション。この1週間は、街を離れてコレクションまわりを走り回って、訪れる人たちを撮らせてもらっていたんです。いろんなショーを見つつ、来ていたお客さんを撮影しつつ、、、忙しかったけど楽しかったー!fun!fun!fashion!、今回はコレクションまわりのストリートスナップをお届けします! ショーの周りのウキウキやわくわく、眼にはみえない&言葉にできない雰囲気や空気感が届けられたら何より何より、です。

 まずはANREALAGE(アンリアレイジ)のショー会場。夜の9時、場所も少し駅から離れた辺ぴな場所。いつもは閑散としているこの場所に、どんどん人が集まってきた。ショーは3年ぶりという期待もあって、このブランドのショーの人の多さは目を見張るものがありました。来ていた人はANREALAGEのファンの人たち、セレクトショップのバイヤーやスタイリストなど、ファッション関係者、雑誌や新聞などメディアの人など、とにかく色んな人々が見に来てた!

 約1000人は集客したショー、個人的には今一番、東京的バランスを兼ね備えたブランドじゃないかと感じました。ファッションと、クリエイティブと、アートと、そしてビジネス。ここ東京での、全てにおいてのベストバランス、表面張力みたいなバランス感がとにかく秀逸。ここでは素敵な男性をキャッチしました!

 次はTHEATRE PRODUCTS(シアタープロダクツ)。東京MID TOWNで行われたショーは、とにかく「全身THEATRE PRODUCT!」な人が多かったのが印象的。それはすなわちこのブランドのお客さんのブランドへの「ラブ度」に比例、「シアターが大好きなんです!!」って熱い気持ちが伝わってきます。ここでは森ガール系のほっこりしてる大人女子のお客さんをよく見かけました。

 対照的なのはG.V.G.V! ここのお客さんもすごく印象的! ここはとにかく「派手!」「歌舞いてなんぼ!」な気合の入ったファッショニスタが多かった。正直夜だし、屋外だし、気温もどんどん下がって寒くなってた。にも関わらずそんなことはおかまいなし!でファッションを楽しんでいる人が多いんです。キレイと強さを併せ持つ、そんなパワーウーマンが多かったのが印象的。

 最後はPHENOMENON(フェノメノン)。ここもこのブランドが大好き!な人が多くて、今シーズンのアイテムを早速買って着こなして来るお客さんが多かった。後ろにプリーツのついたコートは男女ともよく見かけました。ここの人の熱気もむんむん、「次は何やってくれるの?!」と期待値が高いのを感じます。ここではセレクトショップのバイヤーさんら「ファッション関係者」たちの姿を多く見かけました。

 どのショーに来ているお客さんも、それぞれみんなウキウキしてて、わくわくしてる。その姿がとにかく楽しそうで、思わずみんなにレンズを向けたくなってしまうほど。ファッションがもたらす高揚感。改めてそれを感じた一週間でした。

 ではではまたね。お相手はシトウレイでした。チャオ!

プロフィール

シトウレイ(Rei Shito)

石川県加賀市出身。早稲田大学教育学部在学中よりモデルデビュー。

STREET FASHION CULTURE誌「STREET」「FRUiTS」「TUNE」でフォトグラファーとして活躍後、08年より東京のストリートファッションを海外に向けて発信するサイト「STYLE from TOKYO(http://reishito.com/)」を開始。毎日更新で東京の「今」を全世界に向けて届けているパワーブロガー。原宿のファッションアイコン的存在でもある。新聞、雑誌、WEBなどで活躍中。
今夏、初の電子書籍による写真集を出版。iPod/iPhoneにてご覧いただけます。詳細はHPにて。http://www.d21.co.jp/contents/campaign/StylefromTokyo/

検索フォーム

おすすめリンク

2011年春夏は、パステルからブライト、エレクトリックカラーなど心が弾むような色。柄は果物や花などインパクトの強いタイプが新鮮。素材の主流はコットンです。

普通っぽくてカジュアルだけれど、シルエットや細部に凝ったデザインが多い今シーズン。70年代調やパンクロック、エスニックやトロピカルの要素を盛り込んだ新鮮アイテムもたくさん登場しています。

今シーズン、70年代調のクールなロッカースタイルがトレンドとして浮上。一方、パンチを効かせたエスニックのニュートライブ・スタイルも有力です。


朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内 事業・サービス紹介