現在位置:
  1. asahi.com
  2. ライフ
  3. ファッション&スタイル
  4. コラム
  5. シトウレイのfun!fun!fashion!
  6. 記事

ベレー男子出現! その理由はふたつあり!

2011年1月13日

印刷印刷用画面を開く

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをdel.icio.usに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 このエントリをBuzzurlに登録

写真:読者モデルの女の子。大き目のベレー帽を斜めにかぶって。拡大読者モデルの女の子。大き目のベレー帽を斜めにかぶって。

写真:飾りのついた変形のベレー帽は深めにかぶって存在感をより強調させて。厚めの前髪とも好相性。拡大飾りのついた変形のベレー帽は深めにかぶって存在感をより強調させて。厚めの前髪とも好相性。

写真:ミリタリージャケットとベレー帽。SWAGGERのパーティーでの一枚。拡大ミリタリージャケットとベレー帽。SWAGGERのパーティーでの一枚。

写真:沢山のワッペンの缶バッチのついたMA−1とベレー帽。どちらもPHENOMENONで購入。拡大沢山のワッペンの缶バッチのついたMA−1とベレー帽。どちらもPHENOMENONで購入。

写真:少し透けた素材のベレー帽。マフラーの素材感と良くあっている。彼もミリタリージャケットに合わせている。拡大少し透けた素材のベレー帽。マフラーの素材感と良くあっている。彼もミリタリージャケットに合わせている。

写真:全身スタッズのついたハードな革ジャンにあわせたのは発色のよい緑のベレー帽。パンク大好き!が伝わってくるハードなスタイル。拡大全身スタッズのついたハードな革ジャンにあわせたのは発色のよい緑のベレー帽。パンク大好き!が伝わってくるハードなスタイル。

写真:こちらの彼はスタッズのついた変形ベレー帽。これはMIFUNE×banal chic bizarreのコラボレーションアイテム。拡大こちらの彼はスタッズのついた変形ベレー帽。これはMIFUNE×banal chic bizarreのコラボレーションアイテム。

 改めまして、fun!fun!fashion! ver.2011、シトウレイです、こんにちは!

 みなさま今年もどうぞよろしくお願いします。さてさて1月も中旬、だいぶお正月気分も抜けてきて。みなさま、今年の抱負はどんな感じですか?

 fun!fun!fashion!の今年の抱負は「ファッションの楽しさをもっともっと皆様とシェアする、ファッションを通じて、みんなの毎日が少しうれしくなるように!」です。この連載が、日々の中に埋もれたハッピーを再確認するきっかけになりますように。

 と!いうことで、新年第一弾は、寒い冬のお供「帽子」について。この最近、電車の中で、街の中でベレー帽をかぶっている女の子をよく見かけるとは思いませんか?去年あたりから見かけていたけど、ここ最近は特にブーム。バリバリファッション!のアバンギャルドでモードな人から、読者モデルに代表されるようなカジュアルなカワイイ系や、山ガールなんかに見られるアウトドアな女の子にも、着る洋服のジャンルを問わず、広くあまねく浸透している様子。

 ジャンルを問わず支持されている理由の一つに、ベレー帽は着こなしにアレンジが利きやすい、ということが挙げられます。少し斜めに、やや後方に、サイドを少したるませて…などなど形がシンプルな分、いろんなかぶり方が可能。そしてこの多様なかぶり方によって、丸型、卵型、面長、えらばり、どのような顔型にも対応可能です。そんな便利な所も「使える(着回しの利く)」アイテムとして支持されている理由かと。

 女子に大流行のこのベレー帽。街で毎日撮影したものを見直してみたら、ベレー業界で新しいムーブメントの兆しを発見しました。それは、「ベレー男子」!そういえば前回のコラム、オシャレ紳士にもベレー帽を採り入れていた方がいましたね!とはいえ、これはもちろんまだまだ少人数のオシャレ感度の高めの人たちに限った兆候なのですが、女子のベレーの作法と違う、男子特有のベレー活用スタイルがある模様。

 少し詳しく見てみましょう。大きく分けてベレー帽は、(1)ミリタリー・アイテムとして、(2)パンク・アイテムとして、と、採り入れ方にざっくり2つの潮流に分類できます。

 まず(1)。ここ最近、ミリタリーブームということもあり、街には軍モノアイテムを着た人たちが大勢います。チェ・ゲバラのようにベレー帽は、もともとミリタリーアイテム。男子の場合はこのミリタリーアイテムの一つとして、オシャレ・リーダーは採り入れています。

 ミリタリー自体は何時の時代も変わらず定番ですが、今年のミリタリーで特に良く見かけるアイテムとして「MA−1」が挙げられます。軍モノの上着としてはダントツにモッズコートがメーンだったのですが、今年はMA−1で暖を取る男子が増加!そしてこのMA−1と好相性なのがこのベレー帽なわけなんです。

 そして(2)。ロンドンっぽいパンクスタイル、革ジャン、細身のパンツ、タータンチェックやスカル(骸骨)やスタッズ、そんなハードなパンクスタイルに、少しいつもと違った変化を…というところで注目されたのがこのベレー帽。実はパンクスではベレー帽はマストアイテム。ちょっと考えただけでもジョニー・ロットン、ブリストルズなど、ベレースタイルのミュージシャンたちが数多く挙げられます。パンクに似合う帽子は様々ですが、この冬は特にベレー帽が再評価された模様です。

 先述のようにベレー帽、かぶり方次第では顔のタイプを問わず、誰でも似合う汎用(はんよう)性の高いアイテムなので、この冬は一つチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

 寒い季節。正直お外に出るのは面倒くさかったりもする。そんな時、お気に入りのアイテムや、買ったばかりのホヤホヤのアイテムを着てみると、ちょっとだけ表にでるのも苦じゃなくなってくるかなぁ、と。確かにそれはカイロみたいに暖かくなる訳ではなく、冷たい北風を圧倒的に防ぐ威力はないけれど、お外に出よう!というポジティブな気持ちに火をつけてくれるはず。

 ファッションが、ポジティブを生むきっかけになりますように。そして、みなさんが毎日を少し楽しむきっかけになりますように。ではでは今日はこの辺で。fun!fun!fashion!お相手はシトウレイでした。チャオ!

プロフィール

シトウレイ(Rei Shito)

石川県加賀市出身。早稲田大学教育学部在学中よりモデルデビュー。

STREET FASHION CULTURE誌「STREET」「FRUiTS」「TUNE」でフォトグラファーとして活躍後、08年より東京のストリートファッションを海外に向けて発信するサイト「STYLE from TOKYO(http://reishito.com/)」を開始。毎日更新で東京の「今」を全世界に向けて届けているパワーブロガー。原宿のファッションアイコン的存在でもある。新聞、雑誌、WEBなどで活躍中。
今夏、初の電子書籍による写真集を出版。iPod/iPhoneにてご覧いただけます。詳細はHPにて。http://www.d21.co.jp/contents/campaign/StylefromTokyo/

検索フォーム


朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内 事業・サービス紹介