現在位置:
  1. asahi.com
  2. ライフ
  3. ファッション&スタイル
  4. コラム
  5. シトウレイのfun!fun!fashion!
  6. 記事

帽子感覚!? ウイッグが市民権

2011年2月10日

印刷印刷用画面を開く

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをdel.icio.usに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 このエントリをBuzzurlに登録

写真:漆黒のストレートロングにはつば広の女優帽をあわせて。帽子がある事でウイッグにナチュラル感がでる。拡大漆黒のストレートロングにはつば広の女優帽をあわせて。帽子がある事でウイッグにナチュラル感がでる。

写真:赤いおかっぱウイッグの彼女。青色のファーと髪色の対比が好相性。拡大赤いおかっぱウイッグの彼女。青色のファーと髪色の対比が好相性。

写真:ふわふわロングのウイッグの彼女。赤いベレー帽でつむじを上手にカバーすることで自然に見せています。拡大ふわふわロングのウイッグの彼女。赤いベレー帽でつむじを上手にカバーすることで自然に見せています。

写真:2つに結わいた金髪のウイッグは大胆にヘッドピースをあわせて全体に見える分量を抑え目にしています。拡大2つに結わいた金髪のウイッグは大胆にヘッドピースをあわせて全体に見える分量を抑え目にしています。

写真:明るい茶色のふわふわロングウイッグの彼女。これもネットで購入したものだと言っていました。拡大明るい茶色のふわふわロングウイッグの彼女。これもネットで購入したものだと言っていました。

 シトウレイです、こんにちは!こないだ街でいつものように撮影してたら、遊歩道で梅の花を見つけました。寒いさむいとは思いつつも、春はもうそこまで来てるんですね。なんだか嬉しくなりました!

 今回のfun!fun!fashion!は「ウイッグ」に注目してみました。いわゆるカツラですね、あたまにかぽっと被せるアレ。さてウイッグ。昔は髪の色だったりボリュームなんかのの問題を補うもので、何となく公言するにははばかられるような存在だったものでした。もちろん、オシャレで使っている人もいたけれど、イベントやパーティーの席など、明らかに「今日は一発洒落(しゃれ)こみまっせ!」なシチュエーション以外はあまり普段使いする人もなく。

 近頃その風潮がなんとなく変化、そう、ウイッグが市民権を得てきてるんです!使うシチュエーションがカジュアル化してるんです。かつてに比べ、「じゃ、今日はウイッグ」的にサックリ被るものになってるようになってるなぁ、と街を撮影していて思いました。まだ帽子感覚とまではいかないけど、そういう気軽な気分で今日のファッションに採り入れる人が増えてる。そう、ウイッグは今や通常使いのファッションアイテムになってきている!

 先日twitterを通してウイッグユーザーに聞いてみたところ、きっかけは髪の毛が短いボブの人は長い髪に憧れ、長い髪の人は短い髪にしてみたくて、、、と髪型変えたいけど切りたくない&伸びるの待てないそういった気持ちの受け皿としてのウイッグ購入、という比率が高かったです。また、髪の色を変えたいけど(学校やお仕事の都合で)変えられないときの対応策としても。髪の毛のアレンジが上手じゃない&面倒なのでウイッグ、という意見もありました。確かにアレンジの手間よりウイッグかぶる方が楽!

 さてそのウイッグ。種類はフルウイッグと、部分ウイッグと2つ。フルウイッグというのは頭からかっぽりかぶるフル装備のウイッグ、部分ウイッグは例えば前髪、例えば襟足、一部だけにつけるものになります。

 みんなの意見を聞いていると、部分ウイッグの方が自然に見える、との事。とはいえこれは地毛になじます形なので、髪色をそろえる必要があり、また上手になじませるテクニックが必要になる、という事に留意。

 前髪ウイッグに関しては「前髪ぱっつんに切りたいシンドローム対策」とユニークなお答えも!確かに伸ばしかけの前髪ってうっとおしいし、ついつい切りたくなるんですよね。で、切って後悔、、、なんていうのもよくある話。そんな時にウイッグがあると、そんな後悔にサヨウナラ!

 フルウイッグは部分ウイッグに比べて楽、という利点はあるんですが、一つ弱点は、髪がツヤツヤすぎるのが不自然に見えるのと、よぉーーーく見るとつむじあたりが若干まだ不自然だ、という事。そこまで細かく気にしない人もいるけど、どうしても気になる人はウイッグ+帽子という手で切り抜けています!帽子やヘッドアクセサリーをかぶることで、全体に対するウイッグの見える量が減ることもあって極めて自然になっている!

 それらに加え、お値段的な面やネットでも購入可能という手軽さがカジュアル化を加速させた要因かと。ウイッグのお値段をチェックしてみたら、それこそ帽子一個買うくらいのカジュアルな値段で出てるんです。思ったよりもプチプラに驚き!かつネットでは店頭では抵抗があってもネットなら気軽にで買えるという心理的要因も後押ししたかと。

 さてこのウイッグ。実は冬にぴったりなアイテムという事をご存知ですか?シトウ、先日ウイッグに初デビューをしたんですが、そして街にでたんですが、なんだか頭が「ぬくい!!!!」。そう、ウイッグって暖かいんです!帽子一つかぶる分くらいのあたたかさ。しかもロングだとマフラー替わり(?)にもなって一石二鳥!

 新しいファッションアイテムとしてのウイッグ。採り入れるにはこのシーズンはまさに打ってつけだったりする訳です。何かを新しく採り入れるのは、今までのものを違った驚きや新鮮を運んできます。新しいのにチャレンジするのは勇気がいる、でも思い切ってやってみたら、案外なんでも無かったりする。

 それはファッションに限らず、お仕事、勉強、受験生さんの場合なんかはこれから飛び込む新しい環境、それら全てに多分言えること。ドキドキするし、こわいかもしれないけど勇気をだして第一歩。その一歩踏み出す勇気を、ファッションを通して一つ身に付けられたとしたら、そんな事を思っています。

 踏み出す勇気、飛び込む決断。

 fun!fun!fashion!今日はこのへんで。ではではまたね、お相手はシトウレイでした。チャオ!

プロフィール

シトウレイ(Rei Shito)

石川県加賀市出身。早稲田大学教育学部在学中よりモデルデビュー。

STREET FASHION CULTURE誌「STREET」「FRUiTS」「TUNE」でフォトグラファーとして活躍後、08年より東京のストリートファッションを海外に向けて発信するサイト「STYLE from TOKYO(http://reishito.com/)」を開始。毎日更新で東京の「今」を全世界に向けて届けているパワーブロガー。原宿のファッションアイコン的存在でもある。新聞、雑誌、WEBなどで活躍中。
今夏、初の電子書籍による写真集を出版。iPod/iPhoneにてご覧いただけます。詳細はHPにて。http://www.d21.co.jp/contents/campaign/StylefromTokyo/

検索フォーム


朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内 事業・サービス紹介