現在位置:
  1. asahi.com
  2. ライフ
  3. ファッション&スタイル
  4. コラム
  5. シトウレイのfun!fun!fashion!
  6. 記事

ミラノコレクション おしゃれスナップ 色・いろ・イロの大洪水!

2011年3月10日

印刷印刷用画面を開く

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをdel.icio.usに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 このエントリをBuzzurlに登録

写真:ETROのショーが終わったあとのモデルさん。鮮やかな赤いワイドパンツが目を引く。色が鮮やかな分、洋服はシンプルな形を。拡大ETROのショーが終わったあとのモデルさん。鮮やかな赤いワイドパンツが目を引く。色が鮮やかな分、洋服はシンプルな形を。

写真:SPORTS MAXで見かけた彼女。カラフルなマルチボーダーのニット、鮮やかなスカートにインパクトのあるヒールサンダル。拡大SPORTS MAXで見かけた彼女。カラフルなマルチボーダーのニット、鮮やかなスカートにインパクトのあるヒールサンダル。

写真:同じくSPORTS MAXで。辛子色に青、鮮やかな色使いだからこそシルエットはシンプルをチョイス。拡大同じくSPORTS MAXで。辛子色に青、鮮やかな色使いだからこそシルエットはシンプルをチョイス。

写真:MAX MARAのショー会場。ご存じファッショニスタの筆頭、「VOGUE NIPPON」のアンナ・デル・ロッソ(ANNNA DEL ROSSO)! 蛍光黄色にゴールドに、、、全身ピカピカでひときわ目立ってた。拡大MAX MARAのショー会場。ご存じファッショニスタの筆頭、「VOGUE NIPPON」のアンナ・デル・ロッソ(ANNNA DEL ROSSO)! 蛍光黄色にゴールドに、、、全身ピカピカでひときわ目立ってた。

写真:GIANFRANCO FERREのショー会場で。黄色のスカートにグローブオレンジのバッグをさし色に。黒と黄色、反対色を合わせたインパクトのある色合わせ。拡大GIANFRANCO FERREのショー会場で。黄色のスカートにグローブオレンジのバッグをさし色に。黒と黄色、反対色を合わせたインパクトのある色合わせ。

写真:BOTTEGA VENETAで見かけた彼。インナーの青とベルトの緑が効果的な挿し色になっている。拡大BOTTEGA VENETAで見かけた彼。インナーの青とベルトの緑が効果的な挿し色になっている。

写真:PRADAのショー会場でみかけた紳士。シンプルな背広、シャツ、ネクタイと青色使い、靴下がとりわけ鮮やかな水色を入れて。拡大PRADAのショー会場でみかけた紳士。シンプルな背広、シャツ、ネクタイと青色使い、靴下がとりわけ鮮やかな水色を入れて。

 ボンジョールノ! シトウレイです、みなさま元気?

フォトギャラリーはこちら

 2月下旬、シトウは今回初めてミラノコレクションを見ることになりました。初めてのミラノは、メトロでチケットの買い方がわからず右往左往、路面電車で乗り過ごしてしまう、歩けば歩いたで土地勘がないので会場につくのも一苦労(ちなみに、方向音痴です)。マー、書ききれないほど色々あったけど、でもすっごく楽しかったんです! 今回のfun!fun!fashion!はその様子をお届けします。

 ミラノという街にとってコレクションというのは、まさに街を挙げての大行事。ちょうど東京でいえば「東京マラソン」のような感じで、街全体が一丸となってこのファッションのお祭りに取り組んでました。あちらこちらでイベントがあり、街を歩いているだけでもそこかしこにポスターやポップが立ち並んでいるので、自然と気持ちがウキウキしてしまう、そんな楽しさがありました。

 さてコレクションに訪れる人々を観察してると、いろ、いろ、いろの大洪水!みんなこぞってカラフルでした。赤、青、緑にオレンジ、黄色にピンクに蛍光色まで。ありとあらゆる色がそこかしこにあふれていました。

 さてこのカラフル。どのような特徴があるかというと、ずばり一言でいえば「きっぱり&はっきり!」。例えば赤、ピンク、ピンクベージュ、、、なんていう風に同じ色合いを段々グラデーションしていく色の組合せではなく、むしろ赤だったら緑!もしくは白!反対な色をどどーんとぶつける。「間(ま)」なんてものが一切ない色使い。さよなら・ニュアンス、グッバイ・アンニュイ。すっこーん!とした突き抜けた色の使い方。

 テイストは女の人らしいひらひらしたり、ふりふりした感じではなく、どちらかといえばシンプルでシルエット的にはすっきり系。色で思いっ切り遊び要素を入れた分、シルエットは抑えめに…という足し算引き算のバランスを感じました。

 さて女性はカラフル旋風まっただ中ですが男性はどうかといいますと。男性も女性のカラフルを受けて色を取り入れてる人が多かった!インナーのシャツ、ネクタイ、ポケットチーフやちらっと見える靴下や。全体の色の分量は少な目に、挿し色としての「ちらっとカラフル」を実行している様子です。

 そして何より印象的なのはお洒落なスーツ姿が多かった事!ショー会場というハレの席ですからカジュアルではなくあくまでフォーマル、その中に遊び要素とこだわりをたっぷり盛り込んだ、そんな粋なミラノ男子を多く見かけました。

 そんなミラノにいたせいか、自然わたしもカラフルな色を着たくなって、ついつい最終日はコルソコモ(ミラノで一番人気のセレクトショップ)でお買いもの。自分自身カラフルな洋服を採り入れてみて気づいたんですが、なんだかいつもよりも軽快なんです、足取りや気分が。

 そう、明るい色をまとうと、自然と気持ちが前向きになるんです。前向きになると、いろんなことがうまく進み始めます。笑顔でいると、まわりにも自然に笑顔がうつる。今いるこの場所が、少しだけ楽しくなってくる。

 ファッションは時々、あたしたちの毎日を少しだけいい方向に導いてくれる。そういえば今回のミラノコレクションのポジティブなムード感は、ミラノのもつラテン気質もさることながら、今シーズンのカラフルトレンドも影響してのことかもしれない、そんな風にも感じました。

 さ、この原稿を書いているのはパリコレ最中、いまちょうど折り返し次点を過ぎたところです。次回はパリからのレポートです。パリはパリでいつもと違った独特ムード。そんな所も伝えられたら。みなさま次もお楽しみに!

 ではではまたね、お相手はシトウレイでした、チャオ!

プロフィール

シトウレイ(Rei Shito)

石川県加賀市出身。早稲田大学教育学部在学中よりモデルデビュー。

STREET FASHION CULTURE誌「STREET」「FRUiTS」「TUNE」でフォトグラファーとして活躍後、08年より東京のストリートファッションを海外に向けて発信するサイト「STYLE from TOKYO(http://reishito.com/)」を開始。毎日更新で東京の「今」を全世界に向けて届けているパワーブロガー。原宿のファッションアイコン的存在でもある。新聞、雑誌、WEBなどで活躍中。
今夏、初の電子書籍による写真集を出版。iPod/iPhoneにてご覧いただけます。詳細はHPにて。http://www.d21.co.jp/contents/campaign/StylefromTokyo/

検索フォーム


朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内 事業・サービス紹介