現在位置:
  1. 朝日新聞デジタル
  2. ライフ
  3. ファッション&スタイル
  4. コラム
  5. シトウレイのfun!fun!fashion!
  6. 記事
2012年4月12日10時47分
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック

「シトウレイのfun! fun! fashion!」

パリコレのオフ・ランウェイ カラフルな「黒」の魔法

シトウレイ

写真:VIVIANNE WESTWOODのショー会場で。
真っ黒なドレスの挿し色はヘアスタイルと付属のショール拡大VIVIANNE WESTWOODのショー会場で。 真っ黒なドレスの挿し色はヘアスタイルと付属のショール

写真:HAIDER ACKERMANNのショー会場。大人も「黒」を積極的に取り入れて。右の女性のようにクラッチバックやシャツで色を入れると俄然今年っぽく拡大HAIDER ACKERMANNのショー会場。大人も「黒」を積極的に取り入れて。右の女性のようにクラッチバックやシャツで色を入れると俄然今年っぽく

写真:全身をシックに黒でまとめつつ、ヒールのソールでヴィヴィッドな赤を指し色で。これはCHANELのショー会場前拡大全身をシックに黒でまとめつつ、ヒールのソールでヴィヴィッドな赤を指し色で。これはCHANELのショー会場前

写真:ALEXIE MABILLEのショー会場。彼女も黒をメインに置きながらもブルーの靴や鮮やかなグリーンのクラッチバックで色を指し色に加えて拡大ALEXIE MABILLEのショー会場。彼女も黒をメインに置きながらもブルーの靴や鮮やかなグリーンのクラッチバックで色を指し色に加えて

写真:ピンクの鮮やかなコートの上に、さらにブルーのコートを重ねて。「コート・オン・コート」スタイル決定版。ELLE SAABのショー会場拡大ピンクの鮮やかなコートの上に、さらにブルーのコートを重ねて。「コート・オン・コート」スタイル決定版。ELLE SAABのショー会場

写真:イエローのレザージャケットの上にはグレーのコートを重ねて。上級者の「コート・オン・コート」スタイル。これはCHANELのショー会場拡大イエローのレザージャケットの上にはグレーのコートを重ねて。上級者の「コート・オン・コート」スタイル。これはCHANELのショー会場

写真:コレットカーニバル内、TOKYO STREET POP UP SHOPのブース前で。東京でなじみの深い、アンダーグラウンドなブランドが勢揃い。彼は服飾評論家の平川武治さん拡大コレットカーニバル内、TOKYO STREET POP UP SHOPのブース前で。東京でなじみの深い、アンダーグラウンドなブランドが勢揃い。彼は服飾評論家の平川武治さん

 Bonjour! シトウレイです、こんにちは。桜のつぼみもほころびかけて、春の匂いをあちこちで感じます。

 今回は3月に行われたパリコレクション、そしてパリのセレクトショップ、コレットの15周年イベントの最旬レポートをお届けします。

 まず今回のパリコレのオフ・ランウェイで際立っていたのは「黒」。ここしばらく続いたカラフル、そして柄×柄のハッピーでポジティブなスタイルからガラリと変わって、再び「黒」に注目が集まっている模様です。

 黒、というと「モード」「シック」言い方を変えると少し暗いイメージが先行しがちですが、今期の黒は少し違う!

 ポイントは「明るい黒」、ハッピーで楽しさを感じさせる黒だということ。ここ数シーズンのカラフルな気分はキープしたまま、色としての「黒」を鮮やかに使ってみる。

 「え? どういうこと?」

 もう少しかみ砕いて言いますと、注目すべきは「黒」以外の色使い。上から下まで全身黒にまとめるのではなく、靴やバック、男性だったら靴下や帽子などでカラフルな色物をあわせています。ハッピーでカラフルな色使いを「小物」という脇役で残しつつ、今シーズンの変化を黒色の「洋服」でとりいれる。

 色物を小物で取り入れることで「黒」がより際立って見え、かつハッピー感や楽しさも演出できる。今年の「黒」の取り入れ方をぜひ、新しい季節と一緒にトライしてみてくださいね!

 もう一つ気になったのは「重ね着の方法論が変わった」ということ。

 重ね着というと寒さ厳しい折にシャツの上にニット、カットソーの上にシャツなどインナー同士を重ね着するのが一般的ですが、ジャケットの上にコート、コートの上にさらにコートなど、普段なら1枚で使うのが当たり前だったアウターを今シーズンは重ね着しちゃおう!

 ズバリ「アウター・オン・アウター」スタイルという、一つひねりを加えたスタイルが男女ともに人気になっていました。

 アウターは誰もが1、2枚は持ってるアイテム。いつもは1枚だけで着ていたものを、鏡の前で試しにちょっと重ね着してみて! 新鮮なスタイルが目の前に現れてくるはず。

 大事なのは「何を着るかではなく、どう着るか」。視線を少し変えてみて、柔軟な気持ちでファッションを楽しんでみてもらえれば、と思います。

 さて今回パリに出かけたメインの目的はもう一つ。

 ファッション関係者さんから、観光客の人たちまでとりあえずパリに来たならマストチェック! 世界で一番影響力を持っているといっても過言ではないセレクトショップ「colette」。その15周年イベント、その名も「colette carnaval」というものに参加してきました。

 パリのチュイルリー公園のテントを貸し切って、2日間にわたって行われたこのお祭り。コレットのサラいわく「今まで15年お世話になったパリの街、そしてパリ市民の人たちすべてに楽しんでもらいたい」という気持ちのもとにスタートした。無料ということもあいまって、多くの人でてんやわんやながらも終始温かいムードに満ちていたのが印象的。

 普通、ファッション業界のイベントだと「限られた層、閉ざされた空間でのヒップなパーティー」を考えがちですが、そういった「業界臭さ」が皆無なこのパーティーの風通しの良さ! 世界で一番ヒップなお店の印象とは真逆のホッコリ感です。

 さて、テントを楽しくテクテクしていたら、ふと見つけたのが「CASIO baby−G」ブース。あれあれ? これはあたしのホームベースである所の東京、原宿で見覚えのあるロゴやアイテムが……。

 「TOKYO STREET POP UP SHOP」と書いてあるこのスペースには「DOG、GARTER、GIZA」に「faline」に「KING」などなど、私が東京でよく見かける、ストリート出身のクリエーターやデザイナーのアイテムがたくさん。どちらかといえばマイナー(失礼!)なムーブメントで活躍しているクリエーターや、とんがったブランド陣です。

 東京の中でも、感度の高い人たちの口コミで広がった「知る人ぞ知る」ものをコレットがしっかりキャッチしている、このアンテナの高さに改めて驚いたと同時に、このブースの盛況ぶりを見て(マジですごかった!)、日本のポップカルチャーの人気を再確認しました。

 もうひとつ印象的だったのは、オーナーのサラが会場でみんなに「大丈夫?」「楽しんでる?」「問題はない?」と終始声をかけていたこと。世界をリードしているモンスターは、誰よりも気働きがきき、優しさを忘れない。

 大御所ブランドから若手のアップカミングなクリエーターまですべてをフックアップし、ファッション業界を盛りあげようと常に頑張っている。アンテナの高さが周りの皆の信頼を厚くし、それが結果として実績につながっている。そして、地元のみんなに感謝を忘れない。

 アスリートや大企業の社長さん、人々の胃袋をきゅっとつかんで離さないコックさんなど、長年トップを走り続けてる人に共通している姿勢、あり方をコレットに感じました。

 やっぱ、コレットは、すごい! 学ぶべきところの多いカーニバルでした。

 盛りだくさんな、パリ情報。ではでは今日はこの辺で。お相手はシトウレイでした。チャオ!

新刊紹介

日々是東京百景[著]シトウレイ(Rei Shito)

 国内外から注目されるストリートファッションフォトグラファー、ブロガー、シトウレイのスタイリッシュで好奇心旺盛な東京生活をそのままガイドブックに。
 ファッションを中心としたお気に入りの東京ブランド、ヴィンテージショップ、カフェ、書店、ヘアサロンなど彼女のフィルターを通して厳選された100軒。 12か月のある日のダイアリーをベースに、その日に出会った魅力的なお店や人々を、彼女の愛情あふれるコメントつきで紹介。ファッションを理解し、レンズを通して常に街と向き合う日々の中に、東京の「今」が見えてきます。 メインエリアは渋谷、原宿、青山界隈、代官山、高円寺など。詳しいマップつき。

プロフィール

シトウレイ(Rei Shito)

石川県加賀市出身。早稲田大学教育学部在学中よりモデルデビュー。

STREET FASHION CULTURE誌「STREET」「FRUiTS」「TUNE」でフォトグラファーとして活躍後、08年より東京のストリートファッションを海外に向けて発信するサイト「STYLE from TOKYO(http://reishito.com/)」を開始。毎日更新で東京の「今」を全世界に向けて届けているパワーブロガー。原宿のファッションアイコン的存在でもある。新聞、雑誌、WEBなどで活躍中。
今夏、初の電子書籍による写真集を出版。iPod/iPhoneにてご覧いただけます。詳細はHPにて。http://www.d21.co.jp/contents/campaign/StylefromTokyo/

検索フォーム


朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内 事業・サービス紹介